« 絵本紹介 「黒グルミのからのなかに」 | トップページ | お客さんから学ぶこと。 »

2010年1月18日 (月)

絵本紹介 「ぞうのせなか」

ぞうの せなか (講談社の創作絵本)

ぞうの せなか (講談社の創作絵本)

著者:秋元 康

ぞうの せなか (講談社の創作絵本)

元は秋元康の書いた小説。

絵本版でももう1種類ありますが、この絵本は元のお話とは別物の完全な絵本版。

ただ根底にあるエッセンスは同じ。

夜中にたびたび家を抜け出す、お父さんゾウ。

それを不思議に思い、後をついていく子ゾウのポッポ。


お父さんゾウは、一体、どこに向かい、何をしていたのか。

お父さんゾウが伝えたいことはなんだったのか。

生と死の境の扉。

誰も、踏み入れて戻ってきたことない一方通行の扉。

誰もが、その扉の先を思い、怖くなり、愛する人に再び出会えないことに哀しみを覚えます。

でも、それは誰もが通らなければならない扉で、通っていくことが必然の扉。


それを冷徹な事実としてだけでなく、「でも、だいじょうぶ」っていう愛を持って、知らしめてくれる絵本。

生と死を扱う絵本はいくつかありますが、この絵本は特に「愛」の量が多いんではないでしょうか。

やさしい絵からも、それが伝わります。


ブログランキング。
クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 絵本紹介 「黒グルミのからのなかに」 | トップページ | お客さんから学ぶこと。 »

絵本の紹介 「さ行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/33029431

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本紹介 「ぞうのせなか」:

« 絵本紹介 「黒グルミのからのなかに」 | トップページ | お客さんから学ぶこと。 »