« 絵本紹介 「マリアンナとパルーシャ」 | トップページ | 絵本紹介 「ぞうのせなか」 »

2010年1月16日 (土)

絵本紹介 「黒グルミのからのなかに」

黒グルミのからのなかに

黒グルミのからのなかに

著者:ミュリエル マンゴー

黒グルミのからのなかに

スコットランドの民話をもとに作られたというお話。

具合の悪いおかあさん。

「もうすぐ私は死ぬわ、、。」っていうおかあさんの為に主人公の男の子ポールは薬を買いに街へ行きます。

しかしその途中で黒マントの老婆に出会い、その老婆が死神だとわかると、なんとそのポール!

死神のカマをとりあげてめっためたにし、黒いくるみの中にとじこめ海に投げ捨ててしまいます。

なんともまあ、無敵な子供です。

普通ならこれで、めでたしめでたし、となりそうですが、お話はそこから動き始めます。

死神がいなくなったことで、全ての生き物が死ななくなってしまうのです。


それを知ったおかあさんの言うことが、深い。

そして、海に投げ捨てたクルミを探し続け、ようやくみつけたクルミから出てきた死神が言うことも、深い。


生と死をみつめ、

生と死を考え、

生と死に向き合う時に、1つのヒントになる本ではないでしょうか。


絵が、明るく楽しくポップな感じではなく、乾いた感じの写実的なものなので、よりリアルに話の主題に向き合いやすいと思います。

話の内容からしても、小学校の中学年くらいから上の子向きでしょうか。

「生と死」ってなにか、っていう、ある意味人間としては永遠で最大のテーマであることを、ある1つの形として示してくれる絵本です。

ブログランキング。一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

ミクシーコミュ。

|

« 絵本紹介 「マリアンナとパルーシャ」 | トップページ | 絵本紹介 「ぞうのせなか」 »

絵本の紹介 「か行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/33017716

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本紹介 「黒グルミのからのなかに」:

« 絵本紹介 「マリアンナとパルーシャ」 | トップページ | 絵本紹介 「ぞうのせなか」 »