« 赤ちゃんに絵本は早くないですか? | トップページ | 中国生まれのスペイン育ちな3匹の子豚。 »

2010年1月23日 (土)

絵本紹介 「ようこそ森へ」

ようこそ森へ

ようこそ森へ

著者:村上 康成

ようこそ森へ


森に住む鳥のカケスと、その森にキャンプにやってきた家族のお話。


初めてこの絵本は読んだ時は、結構な衝撃を受けました。

構図が変わると、

視点が変わると、

これだけ世界は、広く、躍動するものなのか、と。


カケスの視点。

釣られた魚の視点。

少年の視点。

夜空。

星空。

緑の森。

黒い夜空。

白い朝。


この絵本を読むと、森にキャンプに行きたくなってしまって困ります。

自然に囲まれ、そこで遊び過ごすワクワク感がたくさんやってくるので。

そんな躍動感、ワクワク感いっぱいの絵本です。


ブログランキング。
応援よろしくお願いします。

ミクシーコミュニティ。
ねこじたゴリラ堂
ご参加お待ちしています!!

|

« 赤ちゃんに絵本は早くないですか? | トップページ | 中国生まれのスペイン育ちな3匹の子豚。 »

絵本の紹介 「や行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/33096012

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本紹介 「ようこそ森へ」:

« 赤ちゃんに絵本は早くないですか? | トップページ | 中国生まれのスペイン育ちな3匹の子豚。 »