« 宇宙から読み聞かせ。 | トップページ | 才能だけでいいのか。 »

2010年3月 4日 (木)

忍耐が試される時。

結婚式の時に教会で、「愛は耐えるもの」と牧師さんに言われた人も多いかもしれません。

絵本を子供に読んでいると、毎日毎日同じ本を読まされることがあります。

「ねえ、これ読んで。」

「ねえ、これ読んで。」

「ねえ、これ読んで。」

毎日、毎日。


はあ~~、またかよ、もういいよ~、って思ってらっしゃるお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか。

そりゃそうです。

大人からすれば、どんなに面白い絵本だとしても一回読めば十分で、話の筋がわかっていて、昨日も一昨日も読んだ本をまた読まされるのは苦痛、、って感じてもしょうがないですもの。

でも、大丈夫です。

今だけです。

長くは続きません。

そのうち、こちらから子供に「読んであげようか。」って言ったって、相手にされなくなります。

今しかないチャンスなのです。

そして、これだけ、お父さん、お母さんの声、温もりを求めてくるチャンスもこの時期しかないですし、

その子が大きくなったとしても、いつまでも残る暖かい記憶を作ることのできるチャンスも今の時期しかありません。

「この絵本読んで。」と言われるのも今日が最期かもしれませんし。

明日には、「一人で読む。」ってことになってるかもしれません。


と言っても、疲れているところで毎日同じことをするのは大変だとも思います。

お父さん、お母さん。

「愛は耐えるもの」である時もあります!

そして、暖かい想い出を作るチャンスです!!

人気ブログランキングへ
クリックお願いいたします!!

ミクシーコミュニティ。
ねこじたゴリラ堂
ご参加お待ちしてます。
マイミクも大歓迎です!

|

« 宇宙から読み聞かせ。 | トップページ | 才能だけでいいのか。 »

絵本と教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/33629955

この記事へのトラックバック一覧です: 忍耐が試される時。:

« 宇宙から読み聞かせ。 | トップページ | 才能だけでいいのか。 »