« 絵本紹介 「ゆうれいのたまご」 | トップページ | 絵本紹介 「あかいふうせん」 »

2010年3月29日 (月)

絵本紹介 「それはすばらしいなつのあるひ」

それはすばらしいなつのあるひ (ひかりのくに傑作絵本集)

それはすばらしいなつのあるひ (ひかりのくに傑作絵本集)

著者:新沢 としひこ

それはすばらしいなつのあるひ (ひかりのくに傑作絵本集)


絵はあべ弘士さん。

かの有名な北海道の旭山動物園に勤めていた方です。

私は個人的にこの方の絵が大好きです。

とある田舎での少年の夏の日の風景を描いたもの。


とにかく絵が素晴らしいんです。

かつて緑豊かな場所で育った人や、お父さんお母さんの田舎があった人、旅行、キャンプ等で自然に触れたことがあるのならば、この絵から感じる郷愁に心打たれるところがあるのではないでしょうか。

郷愁というのは体験からしか生まれでないものだそうです。

体験があるからこそ、想像力の力を借りて、感動へとつながっていく。

最近、ヒグラシが鳴くような里山で、夏の日を過ごすなんてことはとんとしていませんが、それでもこの絵本を見ていると、その音が聞こえてきます。

この絵本は是非、お父さんに読んで欲しいですね。

そして、子供と一緒に自然の中に遊びに行って欲しい。

子供も、体験をともなったところで、この絵本を読めば、その経験がいつか郷愁になり、いつまでもお父さんの想い出と共に暖かく残るのではないかと思います。


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。


ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

|

« 絵本紹介 「ゆうれいのたまご」 | トップページ | 絵本紹介 「あかいふうせん」 »

絵本の紹介 「さ行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/33987537

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本紹介 「それはすばらしいなつのあるひ」:

« 絵本紹介 「ゆうれいのたまご」 | トップページ | 絵本紹介 「あかいふうせん」 »