« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

絵本紹介 「せかいいいち うつくしい ぼくの村」

せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)

せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)

著者:小林 豊

せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)

アフガニスタンのとある村のお話。

戦争のことを考えさせてくれるお話ですが、悲惨な描写や戦闘の描写等は出て来ません。

美しい村に住む男の子が街へ出て、とれた果物を売りに行くっていうストーリー。

美しい世界が広がり、暖かい街があり、そこに笑顔があふれています。

戦争を思わせるのは、戦で足をなくした人に出会ったり、戦争に行ったお兄さんの話をするところ。

直接的に戦争の悲惨さをあらわした描写ではありませんし、この絵本の中に広がる世界からすると、そんなことは夢のようなものだとも思わされます。


ただ、この絵本の最後の言葉が重い。

この絵本の中の世界が美しくあるからこそ、絵本の最後の言葉が、平和でないこと、暴力で全てをなぎ倒すことの空しさ、哀しさ、居たたまれなさをあらわしています。


私がドイツの平和村で出会ったアフガンの子供達も、こんな美しいのどかな世界にいたのかなあ、それとも、生まれた時から、暴力と隣り合わせに過ごしてきたのか、、、、、なんてことを思うと、心が重くなりますが。



人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

凄い魚屋さん。「角上魚類」

近所に凄い魚屋さんがあるらしい、っていう情報を聞きました。

普通のスーパーくらいの大きさで、売っているのは全部、魚!という市場みたいな場所。

角上魚類というところらしいです。

新小金井街道から新青梅街道を小平霊園方面に曲がり、ちょっといったところにあるそうで。

私もまだ行ったことはないんですが。


ちょっと調べて見ると、相当な種類なものを、結構安く置いてあるようで、更に時にはマグロの解体ショーなんてものをやっちゃったりもするそうです。

更にちょっとした噂によると閉店間際の投げ売りは凄いことになっている!的なことも聞きました。

そういうのを聞くとワクワクしてきますね。

さらに年末は、相当朝早くから営業したりするそうで。


近所もなかなかあなどれない。


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

絵本紹介 「おふろだいすき」


おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ)



おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ)


著者:松岡 享子




おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ)

お風呂が大好きな男の子。

1人楽しくお風呂に入り、おもちゃで遊んでいると、カメやペンギンやオットセイや、色んな動物が湯船の中からやってきて、、、。

小さなお風呂が、とんでもなく大きなスーパー銭湯みたいな世界に変わります。

ペンギンがお風呂の床をシャーっと滑っていったり、オットセイが石けんでシャボン玉を作ったりするところなど、昔、近所の銭湯でふざけて遊んだことを思い出します。

子供はみんなそんな遊びをしたいんですよね。

思いっきり。



林明子さんのほのぼのとした優しい絵が素晴らしいのはもちろんですが、最後には、あの、とんでもなくでかい動物もやってくる不思議で楽しいお風呂の世界に誘ってくれるストーリーも素晴らしいです。

個人的には、最後に、おかあさんが大きなバスタオルを広げてまっていてくれるシーンが好きですね。



一日一回、くまさんをクリックして頂けるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


ねこじたゴリラ堂

店のミクシーコミュニティ。

ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

絵本紹介 「もこもこもこ」


もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)



もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)


著者:谷川 俊太郎




もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

意味不明絵本。

意味不明の面白さが炸裂しています。

意味不明な形をしたものに、意味不明の言葉が添えられ、

意味不明なまま進行します。

これは何なのか。

何の意味があるのか。

どういうことなのか。

大人はつい、そんなことを思ってしまいます。

でも、意味なんていらない、って思います。

重要なのは、

それが美しいか。

それが面白いか。

それが見ていて飽きないか、ってことだけで。





よく、考えてみると、

青い空に意味はなく、

白い雲に意味はなく、

広がる海に意味はなく、

浮かぶ月にも意味はない。


意味はなくても、見ていて飽きませんし、白い雲を見て、

「あ!!なんか、あの雲、ブタみたい!!」

って、ことだけでいくらでも楽しくなってしまう。


そんな、意味はわからないけど、何か楽しく、何か美しく、何か素敵な絵本です。



くまさんをクリックして頂けるととても嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

何気に人気者。

結構な人気者です。

この方。



Dscn0415

ソフトバンクの携帯を機種変した時にもらいました。

喋ったり、歩いたりできる優れものです。

声も、相当、北大路欣也です。

噛んだりしませんので、遊んであげてください。


お父さんでなく、くまさんをクリックして頂けると上へ上へ参ります!!
現在おかげさまで24位です!
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

絵本紹介 「おさる日記」

41b26z9mevl_sl500_aa300_


船乗りのお父さんがくれたおさるさん。

一人息子しんちゃんが、そのおさるさんとの日々の生活を、夏休みの宿題にある、朝顔の生育記録ような絵日記で綴られた絵本。

もんきちと名付けたそのおさるとの日々。

出来なかったことが出来るようになり、楽しく暮らしていますが、もんきちの毛が段々と抜け始め、、、。




おさると少年の日常を描いた楽しいお話として楽しめる前半ですが、後半からその様相が変わり始め、最後には「世にも奇妙な物語」のようなオチが待っています。

私は「え!」って思ってしまいました。

これはミステリー?って感じで。

大人が読むとそう感じますが、子供はこの結末をどう思うのでしょうか。

素直に受け止めるのか。

あはは、と笑うのか。

そんな、子供の反応も見てみたくなる絵本です。





人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

絵本紹介 「ぼくのくれよん」


ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)



ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)


著者:長 新太




ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)

くれよんがあります。

くれよん。

そのくれよんは、超でかいくれよん。

そう、ぞうさんのくれよん。

ぞうさんがくれよんを持って、青をぬれば池のようで、黄色をぬればバナナのようで、、、。





「オラ~~~~!!!」って感じで、ぞうが世界を想像していきます。

やりたい放題に世界を想像し、自分が作った世界に周りの動物たちが大きく反応する。

そりゃ楽しいですよね。

何かを作るのは楽しいですし、それに誰かが反応してくれるのも楽しい。




「あ、そっか!

くれよん一本でこんなことが出来るんだ!

こんなものも描けるんだ!!」


っていう創造の力を、「オラ~~~~!!」って感じで、思いっきり広げて伸ばしてくれる絵本。




最後の絵がとても好きです。自由で。楽しそうで。



人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

お休みのお知らせ。

ここのところ、良い天気が続きますね。

気持ちの良い季節です。

さて、明日、



5月17日 月曜日



は所用の為、お休みを頂きます。

よろしくお願いいたします。






↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓

http://blog.with2.net/link.php?928971

一日一回クリックして頂けるとありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

絵本紹介 「くつやさんと10にんのこびと」


くつやさんと10にんのこびと (こどものくに傑作絵本)



くつやさんと10にんのこびと (こどものくに傑作絵本)


著者:林 みずほ




くつやさんと10にんのこびと (こどものくに傑作絵本)

グリム童話を元にしたお話。

年老いた靴屋のおじいさんに替わり、小さな10人の小人が夜なべをして靴を作り、、、

っていうお話です。






絵が良いですね。

とてもかわいくて。

おじいさんが靴を作っているところを見ながら、10人の小人達が窓辺で料理を食べているシーンなんて素晴らしいです。

小さいカップ。

小さいスプーン。

表情豊かな小人達と、かわいらしい動き。

おじいさん、おばあさんの優しい表情と、それを描く柔らかい色使い。

暖かい色で、暖かく、やさしく、かわいらしく進んでいくお話です。






人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

絵本のディスプレイ!!

当店では、絵本を壁一面にかけ、表紙の絵を見やすくなるように陳列していますが、

定期的に入れ替えもしています。

売れたもののところに新たな絵本を入れるのはもちろんですが、定期的に大幅に陳列を変えております。

絵本は絵を見れば、一目でその絵本の感じがわかりますし、懐かしい絵本があったら簡単に気付けます。

ですので、お客さんにより多く、色んな絵本の「絵」と出会って頂きたいため、頻繁に入れ替えをしています。

どうぞ、お気軽に足を運んで見て下さい!!


Dscn0407


Dscn0408


Dscn0409


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

絵本紹介 「ふしぎなたけのこ」


ふしぎなたけのこ(こどものとも絵本)



ふしぎなたけのこ(こどものとも絵本)


著者:松野 正子




ふしぎなたけのこ(こどものとも絵本)

昔話ですね。


とある山奥の村でたけのこを取りに行った男の子の「たろ」。

タケノコ掘ってる間に、ちょっと上着をかけておいた近くのタケノコが伸びて伸びて伸びて。

いつまで経っても、たろが帰ってこないことを心配したお母さんが来てみると、タケノコはありえないほど伸びまくり、いくら呼んでも、たろの声がかすかに聞こえてくるだけ。

困ったみんなは、その東京スカイツリーのような超高層タケノコをオノやナタで切ることにしますが、、、、。




とにかくこの絵本は、絵が素晴らしいです。

縦と横の二次元の世界を突き破り、三次元の世界、それを越えた想像の世界へと誘ってくれる迫力を持った絵。

また、見開きごとに、白黒の絵と、色のついた絵が交互に変わりますが、それがまたいい。

美しい色の世界で情景を示してくれた次のページでは、

想像の世界で、見る側に、自由に色をつけさせてくれます。




空を越えて、

雲を越えて、

伸びて、伸びて、伸びていくタケノコと、その先にいる「たろ」がどれだけ遠くにいるのかを、絵本の枠を取っ払って果てしないところまで想像させてくれます。




人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。
ランキング上位に上がってきました。
ありがとうございます!!!

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

絵本紹介 「どんなにきみがすきだかあててごらん」

どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)

どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)

著者:サム マクブラットニィ

どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)

君のことをどれくらい好きか。

手をひろげて、両手をいっぱいにひろげて、向こうからこっちまで走ってきたりして。

伝えたいけど、伝えられないもどかしさと、楽しさ。

「好き」ってものは、形がないもので、見えないもの。

だからこそ、誰もがそれを見えるものとして欲しがるし、見えるものとして確認したい。

ラブラブカップルだけでなく、パパやママが好きな子供も同じでしょう。

いや、多分、人間誰もがそうなのかもしれませんが。

そんな見えない「好き」の表現を互いに色んな形で微笑ましく見せてくれる絵本。

チビウサギとデカウサギが互いに、「じぶんがどれだけ君を好きか。」ってことを伝えあいますが、私は、デカウサギが眠ってしまったチビウサギにささやく言葉がとても好きです。


とても、その愛おしさが伝わってくる言葉です。

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

「父性」について。

もう一つのブログの方に、

「父性」について書いてみたので、よろしければ読んでみてください。

こちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓
♪♪♪♪♪♪♪♪


●●●●●●●●●●●●

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

雨の4月が終わった後に。

長い長い雨の4月。

雪なんか降っちゃったりしてました。

そんな4月が通り過ぎ、お天道様がサンサンのGWを越え、花がめっちゃ咲いてます!

Dscn0410

Dscn0411


いよいよ、一年で一番爽やかな時期ですね。

ちょっと一気に気温が上がりすぎてる感じがしなくもないですが、梅雨前の一時、湿度の少ないカラッとした陽気を楽しみたいものです♪


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

絵本紹介 「雨のにおい 星の声」


雨のにおい 星の声 (えほん・こどもとともに)



雨のにおい 星の声 (えほん・こどもとともに)


著者:赤座 憲久




雨のにおい 星の声 (えほん・こどもとともに)


目の見えない子供達をテーマにした作品。

目の見えない彼らが発する言葉、出てくる言葉が、不思議で詩的です。


バラの花の香りを嗅いで彼らは言います。

「この花のにおい、子ネコの背中みたい」

「毛糸のセーターみたい」

「フルートの音色みたい」

「リンゴの芯のようなにおい」


あるときは、風をまぶたに感じて言います。

「まんまるな風がやってきた」

「ほそながい風だ」


夜空に浮かぶキラキラした星を想像し、それがどんなものかはわからないけど、

「猫の鳴き声みたいな気がする」

と表現する子。

違う感覚で、違う世界を見ている人が隣にいて。

どうやってコミュニケーションしようかな、って考えました。

で、私は映画「おくりびと」の1シーンを思い出した。

言葉のなかった時、自分の今の気持ちにぴったりの石を探して、その石を相手にプレゼントした、っていう「石文」の話。

そんな色んなことを考えさせてくれるきっかけになる絵本ですね。

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

絵本紹介 「てぶくろ」


てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)



てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)





てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

雪降る森の中で、おじいさんの落としたてぶくろ。

それをみつけたねずみがそこで暮らそうとし。

その後に、カエルやうさぎやきつねがやってきて、そのてぶくろの中に入ろうとします。


非常に簡単なストーリーですが、寒い冬山にある暖かいてぶくろの中に、色んな動物たちがやってきて、皆であたたまり、てぶくろはだんだん家のようになっていく。

単純ながらも、

てぶくろの暖かさ。

他の動物たちと肩をよせあう暖かさ。

どんな動物が来ようとも、ちゃんと中に入れてあげる気持ちの暖かさ。

そんな様々な暖かさを、寒い雪との対比で見せてくれるお話です。

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »