« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

絵本紹介 「海のおっちゃんになったぼく」


海のおっちゃんになったぼく



海のおっちゃんになったぼく


著者:なみかわ みさき




海のおっちゃんになったぼく


海がとても好きな男の子。

海は、彼の家のすぐそばにあり、いつも海を見にいってます。

そんなある日。

海から「海のビー玉」が現れて。

男の子はそれを家に持って帰り、コップに入れるとそれが弾け、小さな小さな海になり。

ところが、その小さな海は、日ごとに大きくなっていき、金魚鉢にも入りきらず、大きなバケツにも入りきらず、家にあったビニールのプールにも入りきらず、、、、。



絵本ならではの、とんでもないお話ですね。

なんてったって、「海を飼う」んですから。

そして、この絵本の感動的なところは、「海」っていうとんでもない大きなものを対象にしていますが、子供が何か生き物を飼うこと、面倒を見ること、その重大さ、責任感を、少年のお父さんが言う言葉で示してくれます。

お父さんが少年に語るシーンが1つの大きなハイライト。


もの凄いスケールの大きな話に絡めて、人生における1つのとても重要なことを語りかけてくれる絵本。

基本的に関西弁で進みますが、それがまたリアリティを強くしていて良いですね。

ラストシーンのセリフも好きです。

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

日本代表応援企画 「青い表紙の絵本フェア」

「まさか」という坂を下らずに、驚異のパワーで登りまくっているサッカー日本代表。

正直、応援する気にもならなかった代表ですが、凄まじい快進撃。

勝ってることはもちろんですが、何よりその戦う姿勢が素晴らしい!!

さらに、当店、ねこじたゴリラ堂は、Jリーグ、FC東京の練習場のすぐ近く。

FC東京からは、長友選手と今野選手が代表に選ばれ、ご存じの通り、長友選手は大活躍。

この大会で移籍してしまうだろ、、、ってくらいの大活躍。

ま、その辺は置いときまして、、、


というわけで応援企画!

サッカー日本代表のユニフォームの色にちなんで、

「青い表紙の絵本フェア」

を開催します!!

海の青。

空の青。

そして、サムライブルー。

そんな絵本を取り揃えました!!

頑張れ日本代表!!!!!!!!!

Dscn0432


Dscn0433


Dscn0434

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

絵本紹介 「だいくとおにろく」

だいくとおにろく(こどものとも絵本)

だいくとおにろく(こどものとも絵本)

著者:松居 直

だいくとおにろく(こどものとも絵本)

昔話ですね。

むかしむかし、もの凄く流れの速い川がありまして。

何度、橋をかけようとしても、その度に失敗し。

そこで村一番の大工に橋をかけることを頼みます。

大工はそれを引き受けたものの、川の前に行くとどうしたものかと悩み、、。

そこへ川の中から鬼があらわれ、「お前の目玉をくれたら橋をかけてやる。」と言い、だいくも思わずオッケーを出してしまいます。

ところが次の日、川へ行くと、橋が見事にかけられていて、鬼があらわれ、「目玉をよこせ!」と、、、

と言っても、目玉を渡せないので、鬼が条件を出します。

「俺の名前を当てることが出来たら許してやってもいい。」と言われて、、、、。

昔話の素晴らしいところは、お話に無駄がないところだと思ってます。

長い年月を経て、練られ、削られ、短歌のように俳句のように、重要なエッセンスだけが無駄なく残り。

そして、このお話はテンポがすばらしい。

後半の最後、起承転結の転から結にかけて、タン タン タン タン タ~~ン!!!!って感じで進み、最後は見事にオチが決まります。

鬼の存在はちょっと怖いけど、でもそこにどこからしら憎めないユーモアがあり、そして、だいくも知恵と度胸を発揮して、ユーモアを交えて鬼と向かい合う。

また、それを表現する赤羽さんの絵がなんとも良い。


お薦めの作品です。

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

絵本の買取増えています。

ここのところ、ありがたいことに、

絵本を持ってきてくださるお客様、

売りに来てくださるお客様が、

非常に増えています。

その中には

「え!そんなに値段つくんですか?」

っておっしゃる方も少なくありません。

初めて本を売る、っていう方はもちろん、

何度か他の店に売ったことがあるというお客様にも、

「あ、結構値段つくのね?」

と言って頂くことも多いです。


他のお店よりも高く買い取れる理由は色々ありますが、

当店は「個人商店」なので、パート、アルバイトさんなどの人件費等、他の経費が圧倒的に押さえられるというところが、大手さんとは一番違う理由ですね。

また、当店は一冊一冊、丁寧に査定させて頂いています。

お時間はかかりますが、人気作家、人気作品には当然お値段は高くつけさせて頂きます。


大掃除や、押し入れの整理の際に、不要な絵本がありましたら、是非、当店まで!!


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

W杯用の営業時間。

サッカーワールドカップが始まっておりますが。

過去、特に、日本で行われた時は、皆がテレビにかじりつき、街から人が消えた!的なニュースが流れていました。

呑み屋なんかの商店にインタビューに行くと、

「いやあ、今日は商売あがったりだ!」

って、感じのことを言う人が多く。

確かに、日本戦の時には視聴率ももの凄いことになっており、サッカーを観戦できる店以外は、散々な状態だったようです。

で、今回。


私も色々考えてみました。

やっぱ日本戦の時は店を開けても微妙かなあ。

第一、自分も見たくなるだろうしなあ、、、と。

が、ご存じの通り、W杯に入る前の日本代表は試合もグダグダ、やる気は見られず、盛り上がりも全然なく。

見るに堪えない試合ばかりだったので、これはW杯本戦始まっても完全に三敗して終わりだな、、、ってことが予想された為、店を普通に開けるつもりでしたし、試合を見る気もありませんでした。


が、が。

カメルーン戦、勝っちゃいました。

見てて面白くはない試合でしたし、相手チームのゴダゴダ、不調等に助けられてのもありますが、それでも勝った。

勝ち点3ですよ。

勝ち点3のおかげで相当余裕を持って、後の2戦を戦える。

完全に引き分け狙いの戦術もとれるわけで。(まあ、見てて面白くないですが。)

何はともあれ、今日はオランダ戦を見て、応援しようと思います。


というわけで、長い前置きですが、本日は早じまいをさせて頂きますのでよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
オランダに勝つのは厳しいですが、せめて前半は一点くらいに抑えて、試合を全部見る気にさせて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

絵本紹介 「旅するベッド」

旅するベッド

旅するベッド

著者:ジョン バーニンガム

旅するベッド

小さくなってしまったジョージーのベッド。

親父と一緒に、新しくて、もっと大きなベッドを買いに行きます。

ショッピングセンターに行く途中、古道具屋をみつけたので、入ってみると、古ぼけたベッドがあり、それを買うことに。

家に戻ってそのベッドを見てみると、何やら書いてあります。


「このベッドはどこへでも旅ができます。最初にお祈りの文句をとなえる。そして、、、。」


その古いベッドで、毎日、旅をするジョージ-。

毎日が夢と空想の冒険ドラマ。

バーニンガムの絵、色づかいが、本当に素晴らしく美しい。

そして、毎日の冒険の果てのお話の結末。

少年の、子供の心のモノへの思い入れの強さを描いています。


バーニンガムの絵本の良いところは、何から何まで説明しないことだと思ってます。

読み手の、子供の想像力、空想力を信用して、自由にさせてくれている、というか。

「これ、楽しいでしょ?でも、お前の力で、これをもっと楽しくしてみてよ!」って感じで。



ベッドで旅をしましょう。


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

絵本紹介 「おばけドライブ」


おばけドライブ



おばけドライブ


著者:スズキ コージ




おばけドライブ

「おばけたからくじ」を買ったヘイザくん。

一等賞のスポーツカーが当たります。

そして、そのスポーツカーで彼女とドライブ。

山奥のカッパ池に向かう道中、これでもか、これでもか、ってほど、おばけ、化け物達が現れて、わけわからん出来事が連続していきます。

何よりも、

絵が凄いです。

強烈です。

はまる人には大ヒットでしょうが、はまらない人も多いのではないでしょうか。

納豆や、クサヤや、パクチーみたいなもので。

好きな人は好きだけど、嫌いな人は、「もう、全然無理!」みたいな。

主人公のヘイザくんの顔がすでに、化け物的な目つきなので、怖い絵が苦手な子にはきついでしょうが、この不思議な世界にはまる人にはたまらないと思います。

私は、最初にタバコ屋で宝くじを買うシーンの絵なんて、本当にその世界に引き込まれてしまいます。

その世界観の圧倒的迫力と、広がり。

お化けの現れる世界の闇の方を、強く想像させてくれる素晴らしい絵。

「怖い話は好きじゃないけど、でも、ついつい、そういうのを求めちゃう~~♪」って感じの方には是非、おすすめです。



人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

新規入荷情報!(人気作だらけ)

新たに120冊ほど入荷いたしました。

今回入荷したものは、ほとんど全て人気作品で、さらに状態も非常によく、新品同様のものばかりです。


Dscn0424


Dscn0425


Dscn0426


Dscn0427

どうぞお早めに!!

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

絵本紹介 「チキチキチキチキ いそいでいそいで」


チキチキチキチキいそいでいそいで (あかね創作えほん)



チキチキチキチキいそいでいそいで (あかね創作えほん)


著者:角野 栄子




チキチキチキチキいそいでいそいで (あかね創作えほん)


男の子の持っていた腕時計。

その腕時計のねじを回すと、チキチキチキチキ、早く動き始めます。

チキチキチキチキ、何もかもが早く動き始める。


ふざけた絵本です。

意味不明のわけわからないお話。

でも、私はこういう意味のわからない突き抜けたお話が大好き。

そのとんでもない突き抜けたお話をこれでもか!!って表してくれる突き抜けた絵。

大人が見ても、「え~~~~!!なんじゃこりゃ~~~!!」って思わずにはいられない絵。


いやいやいや、、、。

なんでよ、、、。

あはははは!!

この絵本の、「絵」を見ると、シニカルな大人でも、何か楽しいいたづらをされたような気持ちになるはず。

絵本が「ボケ」、読み手が「ツッコミ」の漫才だとすると、ツッコミどころが満載の素晴らしいボケを展開してくれています。

さあ、どうぞ、ツッコンであげてください。

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。
ありがとうございます!!!!!!

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

絵本紹介 「おおきな おおきな おいも」

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による (福音館創作童話シリーズ)

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による (福音館創作童話シリーズ)

著者:赤羽 末吉

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による (福音館創作童話シリーズ)

幼稚園でのお話。

明日は芋掘り遠足!!っていう前日。

雨が降り、遠足は中止。一週間後に延期になります。


じゃあ、代わりにおいもの絵を描こうよ!!って話になり。

この絵本の絵を、最初に見た時は驚くかもしれません。

なんだよ、この、子供のお絵かきみたいな下手くそな絵は?と。

でも、この作品は、赤羽末吉さんという、絵本の世界での大作家さん。

多分、日本で幼少期を過ごしている方ならば、この人の絵を見たことがない、って方はいないんじゃないでしょうか。

どこかで、何かしらの絵を見ていると思います。

それほどの大家。

その大家の描く、こどものお絵かきのような絵の世界の中で。

子供達は歌い、子供達は踊り、子供達は跳ねる。


大きな大きな紙に、

大きな大きなおいもを描き、

そのおいもをさらに、、、。

もの凄い世界の広がりです。

もの凄い想像力の広がり。

大きな大きな想像力。

しかも、その、これほどまでに楽しく広がっていく絵本の世界を、「黒」とお芋の「赤紫」の2色だけで描き切ってます。

大きな大きなおいもが、何ページにも渡って広がるシーンは圧巻!

私が個人的にも大好きな絵本で、こんなに小さな絵本の物語が、これほどまでに大きな世界を示し、楽しい不思議な面白い世界への想像力を広げてくれるのか、と感嘆してしまいます。

しかも、色らしい色は1色で。


素晴らしい絵本です。

人気ブログランキングへ
いつもクリックありがとうございます!!
クリックすると順位が確認できます!

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

絵本紹介 「これはのみのぴこ」


これはのみのぴこ



これはのみのぴこ


著者:谷川 俊太郎




これはのみのぴこ


見開きの

左側が文字。

右側が絵。

っていう構図でずっと続いて行くお話。


よくゲームでありますが、一人が何か一文を言って、その次の人がそこに自分の考えた一文を足して、その次の人がさらに一文を足して言っていく、って感じのもの。

あんな感じです。

「これは のみの ぴこ」


「これは のみの ぴこの すんでいる ねこの ごえもん」


「これは のみの ぴこの すんでいる ねこの ごえもんの しっぽ ふんずけた あきらくん」

という感じで。

世界がドンドン広がっていきます。

ユーモア、おかしさを交えながらですが、世界がドンドン広がっていく。

小さな小さな「のみ」の世界に焦点を合わせ、そこから、想像力の世界を広げて広げて広げて。

人と人との関係を想像し、その世界の小ささ、大きさを想像し。

望遠鏡で遠くを眺めるような想像力と、顕微鏡で極小の世界をのぞき見るような想像力を感じさせてくれる絵本ですね。


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

絵本紹介 「どうぶつ」

31yggdkgvtl_sl500_aa300_


色んな動物の姿が描かれた本。

「こそこそキツネ」とかっていう、各動物の紹介以外は特に文字はなく、お話もありません。


ただ、絵が素晴らしい。

動物たちの姿。

振る舞い。

表情。

それをとても美しく描いてある本。

お話はありませんが、お話があふれてくるような、美しく動きのある絵。

一緒に描かれている、草や、葉や、花が、本当に美しいのです。

印象派の絵が好きな方には特にお薦めですね。

動物たちが夢のように美しい世界にいます。

ああ、美しい、、、、。

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

絵本紹介 「ねずみくんのチョッキ」

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)

著者:なかえ よしを

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)

ねずみくんがおかあさんに編んでもらった素敵なチョッキ。

その素敵なチョッキを見たアヒルが、ねずみくんに「ちょっと着せてよ。」と頼みます。

ちょっときついけど、あひるが着ている素敵なチョッキ。

それを見たおさるがやって来て、あひるに言います。

「いいチョッキだね。ちょっときせてよ。」

おさるが着たちょっときついけど素敵なチョッキ。

それを見て、次から次へと色んな動物がやってきて、、、、、、。

そして最後にはぞうさんが着てしまい。


ねずみくんサイズのチョッキを、ぞうさんが着るわけです。

ビロビロです。

のびのびです。

どんどんと大きな動物がやってきて、チョッキがもはやチョッキでなくなっていくところが面白いです。

そして、悲しいほどビロビロになったチョッキを着て、というか引きづりながらトボトボと歩く、へこむねずみくんの後ろ姿がかわいい。

そんな悲劇の主人公のねずみくんですが、最後の1枚の絵で救われます。

わかりやすく繰り返しが続くユーモアあふれる楽しいお話ですね。


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

新規入荷情報!

ここのところ、入荷情報を載せていませんでしたが、小まめに出していこうと思います。

新たに、300冊ほど、入荷致しました。

今回は、ロングセラーの海外翻訳本を中心に、日本の人気作家の作品も多数入りました。

今回の目玉はこちら。

Dscn0421


Dscn0422


Dscn0423

超大型の絵本です。

遊び方は自由自在。

おままごとでも、さらに自分で絵を描いて、その世界をひろげても。

もの凄く大きいですので、絵本の世界の中により簡単に入って行けそうです。

自分だけの世界に。


お店屋さんバージョン \4200(定価\8400)

動物園バージョン \3600(定価\7365)

です。

是非、その世界を体験してみてください!!!

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。


ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

絵本紹介 「ペレのあたらしいふく」


ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)



ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)


著者:エルサ・ベスコフ




ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)

こひつじを世話している男の子、ペレ。

小さかったひつじも大きくなって来ましたが、ペレも大きくなったので、服が小さくなり。

そこで、ペレはひつじの毛で服を作ろうとします。

かといって、自分で出来るわけではないので、まず、その毛をすいてもらいに行きますが、

「じゃあ、その間に草取りをしてくれ。」と言われ働きます。

次にそのすいてもらって毛を、つむいでもらいに行きますが、

「その間、牛の世話をしてくれ。」と言われ、働き。

服を作るまでの様々な行程を色んな人に頼みますが、その代わりにペレはめっちゃ働きます。

それこそ文句も言わず、嬉々として!って感じで。



なんと言うことはないお話にも思えますが、自分の欲しいものを得るためには、それなりの努力も必要だし、誰かに頼むことも必要で、誰かに何かを頼んだらその代わりに自分も相手に対して何かをしなければならない、ってことを改めて見せてくれます。

欲しいものがあるのなら、働け!!っていう教訓を含んでもいるのでしょうが、私はそれよりも、誰かの為に働く喜びや、また、そういう様々な段階を踏んでこそ、自分が欲しいものが手に入った時の喜びは何倍にもなるよ、ってことを感じました。

ペレはこの新しい服を大事にするでしょう。

大事にしないわけがない。

どれだけこの服が尊いものかよくわかっているでしょうから。

絵も素晴らしいです。

生活感、身体の動き、それぞれの人の表情が、止まっているけど動いているように思えます。

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »