« 絵本紹介 「どうぶつ」 | トップページ | 絵本紹介 「おおきな おおきな おいも」 »

2010年6月 7日 (月)

絵本紹介 「これはのみのぴこ」


これはのみのぴこ



これはのみのぴこ


著者:谷川 俊太郎




これはのみのぴこ


見開きの

左側が文字。

右側が絵。

っていう構図でずっと続いて行くお話。


よくゲームでありますが、一人が何か一文を言って、その次の人がそこに自分の考えた一文を足して、その次の人がさらに一文を足して言っていく、って感じのもの。

あんな感じです。

「これは のみの ぴこ」


「これは のみの ぴこの すんでいる ねこの ごえもん」


「これは のみの ぴこの すんでいる ねこの ごえもんの しっぽ ふんずけた あきらくん」

という感じで。

世界がドンドン広がっていきます。

ユーモア、おかしさを交えながらですが、世界がドンドン広がっていく。

小さな小さな「のみ」の世界に焦点を合わせ、そこから、想像力の世界を広げて広げて広げて。

人と人との関係を想像し、その世界の小ささ、大きさを想像し。

望遠鏡で遠くを眺めるような想像力と、顕微鏡で極小の世界をのぞき見るような想像力を感じさせてくれる絵本ですね。


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

|

« 絵本紹介 「どうぶつ」 | トップページ | 絵本紹介 「おおきな おおきな おいも」 »

絵本の紹介 「か行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/35117840

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本紹介 「これはのみのぴこ」:

« 絵本紹介 「どうぶつ」 | トップページ | 絵本紹介 「おおきな おおきな おいも」 »