« 絵本は教育に活かせるのか、3 | トップページ | 絵本は教育に活かせるのか、4 »

2010年7月25日 (日)

絵本紹介 「よかったねネッドくん」


よかったねネッドくん



よかったねネッドくん


著者:レミー チャーリップ




よかったねネッドくん

びっくりパーティーに招待されたネッドくん。

ニューヨークからフロリダまで向かう旅に出ます。

で、パーティー会場に向かうまでに様々なことが起きるんですが、良いことの時は色つきの絵、良くないことの時は白黒の絵になっています。



この絵が素晴らしいです。

パラシュートで干し草の上に落下するシーンがあるんですが、

白い雲よりもずっとずっと高い大きな青空の中を、逆さまになって優雅に落ちていく絵は本当にステキです。

「ワ~~~~イ」とかっていう声が聞こえてきそうなくらい。

ありえないことが次から次へと襲ってきますが、スーパーマン並の活躍で乗り越えていくネッドくん。

その活躍を、美しい構図、色づかいの絵で、大いに楽しめる絵本ですね。


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。


|

« 絵本は教育に活かせるのか、3 | トップページ | 絵本は教育に活かせるのか、4 »

絵本の紹介 「や行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/35886390

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本紹介 「よかったねネッドくん」:

« 絵本は教育に活かせるのか、3 | トップページ | 絵本は教育に活かせるのか、4 »