« 「かぜはどこへいくの」絵本紹介。 | トップページ | 「ヘリコプターたち」絵本紹介。 »

2010年8月26日 (木)

「木はいいなあ」絵本紹介。

木はいいなあ

木はいいなあ

著者:ジャニス=メイ=ユードリイ

木はいいなあ

木があること。

その素晴らしさ、素敵さを、楽しげに描いている本。

太いタッチの線で描かれた、楽しげな空気を感じさせてくれる絵がいいですね。

ちょっと縦長のサイズの絵本に、大きな、雄大な、たくましい、あたたかい木が伸びています。

 
木というものの存在感。

それを人が大きなものとして、身近なものとして、好ましいものとして感じるのは何故なんでしょう。
 


木の上にいれば安全だった太古の記憶か、

木がくれた果物や木の実によって生かされているからか、

雨や、日射しや、雪や、風から人間を守ってくれているからか、

落ちた枝や、葉を燃料にし、生活しているからか。

 
色んな理由はあるでしょうが、「いつもそこにあり続けてくれる何も言わない大きな存在」ってところにも惹かれる気がします。

 
 
そんな好ましい大きな存在の素晴らしさを再確認させてくれますね。

 
 
 
 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

|

« 「かぜはどこへいくの」絵本紹介。 | トップページ | 「ヘリコプターたち」絵本紹介。 »

絵本の紹介 「か行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/36335923

この記事へのトラックバック一覧です: 「木はいいなあ」絵本紹介。:

« 「かぜはどこへいくの」絵本紹介。 | トップページ | 「ヘリコプターたち」絵本紹介。 »