« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

「ふしぎなでまえ」紹介。


ふしぎなでまえ (講談社の創作絵本)



ふしぎなでまえ (講談社の創作絵本)


著者:かがくい ひろし




ふしぎなでまえ (講談社の創作絵本)


なんとも突き抜けたお話です。

じゃがいものじゃがさんと、さつまいものさつまさんが、お腹が減ったけど作るのが面倒だからということで、出前をとることに。

ラーメン、カレーに、おすしに、てんどん、、、。

で、ラーメンとカレーを頼んだらいらいけんから、何にもはいっていない空の皿クンとどんぶりクンがやってきて、

「ラーメンとカレーをごちそうしてください!」

と、逆ギレならぬ、逆出前。

で、じゃがくんとさつまくんは、なぜか、ラーメンとカレーを作ることに、、、、っていう突き抜けたお話。


 
この絵本はストーリーの突き抜け具合もいいですが、私が一番好きなのは、料理をしているとき、作っている時の「炎の赤色」の美しさです。

この炎の赤色を見ていると、何とも言えず、美味しい料理、暖かい料理、良い匂いがプンプンしてきて、お腹がなってしまうような、そんな気持ちにさえさせてくれる。

それほど、この絵本の炎の赤色、黄色、橙色、桃色は、料理というもの、そしてその料理の美味しさを、想像させてしまう力がある、って感じます。

 
 
この絵本を読むと、カレーライスとラーメンが食べたくなります。

 
 
 
 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

「ふれあいコンサート」@ルネこだいら

「ふれあいコンサート」という、吹奏楽のコンサートが、小平駅前のルネ小平で行われるようです。

っていう、ポスターを店頭に貼ってもらえますか?ってことでいらした方にお話を伺って。

 
 
出演団体が、

小平第七小学校

小平第六中学校

錦城高校

の吹奏楽部、箏曲他の皆さんのようですが、

その中の小平第六中学校が、吹奏楽の全国大会で金賞を取ったそうで。

そちらのことは全く詳しくないので、ちょっと調べてみたら、結構な数の学校が都道府県で予選を勝ち抜き、さらに、全国大会に出場して、そこで金賞だそうで。

休みの日なんかは朝から夜までぶっ続けで練習しているそうですが、種目は全く違えど、サッカーで全国大会を目指していた私には、全国でトップってのがいかに凄いかは少しはわかります。

都の代表になるだけでも、もの凄い大変なことでしょう。

凄いですね。

そんな彼らのコンサートは、


10月10日(日)

ルネこだいら 大ホール

入場無料


で、行われるそうです。

芸術の秋に音楽鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 
 
 
 
 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

「はるなつあきふゆ」紹介。


はるなつあきふゆ



はるなつあきふゆ


著者:ジョン・バーニンガム




はるなつあきふゆ


春。

夏。

秋。

冬。

その季節の移り変わりを描いた絵本。

文章はほとんどなく、絵だけで語りかけてきます。

とにかく、美しいんですよねえ、絵が。

物語らしい物語やストーリーはないんですが、絵の美しさと、その世界にいる人々の姿、表情、動きなんかがとても豊かに描かれているので、ストーリーが勝手に浮かんできます。

この人は何をしているんだろう。

この人はどこへ行くんだろう。

この人は何を考えているんだろう。

この人はこれから何を食べるんだろう。

 


色彩に満ちた、色彩が溢れている作品。

定価は3000円ほどする作品ですが、これだけ美しい絵はいつもそばに置いておきたいです。

 
 
 
 
 
 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

絵本屋の小さな出来事。

「ちょっと、お兄さん、この本返すわ~~。」

 
そういって、入ってきたのは、前の日にいらした、いつもお孫さんを連れて来て下さるお客様。

いつもはお孫さんのために絵本を買って行かれるんですが、「たまには私が読んでもいいような絵本な~い?」ってことで、1冊お薦めしました。

それは、「おおきな木」。

与え続ける木と、生涯に渡り、もらい続ける少年の話。

与える愛なのか、過剰な愛なのか、一方的な愛なのか。

簡単なストーリーと簡単な絵で出来た絵本ですが、色んなことを考えずにはいられない絵本で。

で、その本をおすすめしたんですが、次の日にやってきて、「返すわ。」と。

 
 
「あら、そうですか~。じゃあ、お代をお返ししますんで、ちょっと待って下さいね~。」と言うと、

 
「いや、いいのよ。そういうことじゃないのよ。深くて深すぎて、色んなことを考えて、眠れなくなっちゃうのよ。この表紙の緑色が目に入るとそれが気になってまた考えちゃうから、返しに来たのよ~。」

 
だそうで。

 
で、丁度その時店にいらした女性のお客さんが、

 
「たしかにこの絵本は深いですよね~。」

 
ってことを振ってから、店内は、「おおきな木論争」が始まり。

 
「この木の愛は愛じゃない。」

「こんなんじゃ子供を駄目にする。」

「結局、この子は年をとってもこの木にすがって駄目になっている。」っていうところから、

「だから、私はこの木に足を書いてやろうかと思ったのよ。

この木は動けないから駄目なのよ。足を書いて動いて、テニスでもエアロビでも好きなことをやればいいのよ!!

アンパンマンでもドラえもんでも与えればいいってもんじゃないのよ!」
 


っていう、家に籠もって家族の為には尽くすけど、誰かの為に何かをしていると思い込んでいるだけで、結局誰の為にもなっていない!っていう社会への啓発、問題提起にまで話は進み、、、、。

 
まさか、こんなことになるとは思ってもいなかったであろう、もう一人の女性のお客さん。
 

「私が持っているのは英語の原文のものなんですけど、もう1回読み直してみます。」

 
で、それを聞いたおばさまが、「あら、じゃあ、これあげるから持って行ってよ。ねえ、お兄さんいいわよね?」

 
はい。もちろんですよ。
 


で、そのおばさまが帰った後。
 


女性のお客様が、その絵本をゆっくり読んで、私のところに返して下さろうとするので、

「いや、ほんとにいいんですよ。どうぞお持ち下さい。なんかわけわかんないことになりましたが、まあ、これも一つのご縁だと思って。」

 
と言うと、

 
「え~、ほんとにいいんですか?嬉しい。実は私、今日、誕生日なんです。」
 


 
絵本屋の小さな出来事。

小さな奇跡でした。


 
 
 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。


 
 

| | コメント (4)

2010年9月17日 (金)

いわさきちひろさんの代わりに子守。

私は絵本に限らず、芸術作品は、その作品だけで見て、その背後の物語、背景、由来なんかは知らなくても全く構わないし、むしろ知らない方が素直に作品と向き合えると考えています。

例えば、ゴッホが生前はほとんど作品が売れず、悲劇的な人生を送ったとかっていう物語を聞くと、作品を見るときにどうしても悲劇的な、悲しみとか哀れさとかを脳裏に浮かべて見てしまう。

素直な、フラットな状態で作品を見たいという気持ちが強い部分があります。

 
 
 
先日、以前、いわさきちひろさんの担当編集者をやっていたという方がお店にいらしてくださいました。

で、色々とお話をしてくださって。

「編集者になって、まず最初は、ちひろさんの息子の子守から始めたんだよ。

編集者って子守までするのか、って思ったよ。

旦那が帰ってくれば仕事なんかしないでそっちに行っちゃうし。

で、結局作品を持って帰れなくて、上司には怒られるしさ。」
 
 
 


そんなお話を楽しげに懐かしそうに語って下さって。

 
で。

やっぱ、面白いんですよねえ、そういう話。

面白くてたまりません。

作家さんのマージンを決めるとき、文字が少ないから、文字×○○円ってことにしようとした、とか、全然違う会社の作品なのに、なぜか営業しまくった、とか。


面白い。

絵本の物語も面白いですが、そこにまつわる物語も本当に面白い。

ん~~。

面白いのでよいことにしましょう。

 クリックありがとうございます!!
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

本日、9月16日お休みです。

突然で申し訳ないですが、
 


本日、9月16日(木)はお休みを頂きます。
 


よろしくお願いいたします。

暑かったのが急に風が涼しくなり、寒さすら感じる気候になりました。

皆様、お身体ご自愛下さいますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

「ふしぎなキャンディーやさん」


ふしぎなキャンディーやさん (新しいえほん)



ふしぎなキャンディーやさん (新しいえほん)


著者:みやにし たつや




ふしぎなキャンディーやさん (新しいえほん)


森の中を歩いていたブタくん。

そこでタヌキがやっている不思議なキャンディー屋さんをみつけます。

そこには色とりどりの様々なキャンディーがあり、、、、。

 
 
まず、ブタが全然ブタらしくなく、なんかやせ気味なのが、私的にはヒットでした。

それがすでに面白い。

そして、不思議なキャンディーのその色の美しさ。

なんでこんなに美しく感じるのでしょうか。

不思議な絵と不思議なお話が、不思議なキャンディーの色を濃くしたのでしょうか。

 
 
とにかくとっても楽しいお話で、最後の大どんでん返しが、また、たまりません。
 
 
 
 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

お休みのお知らせ。

猛暑が続いた中、今日は非常に過ごしやすく爽やかな風が吹いてますね。

秋がようやくやってきてくれるのでしょうか。

明日からはまた、暑さがぶり返すって予報は聞こえないことにしたい気分ですが、、。

 
 
 
さて、明日からの、

9月10日~12日の三日間、

お休みを頂きます。

 
某団体の新人研修合宿にカウンセラーとして参加してきます。

暑くて大変そうですが、、、。

 
 
 
月曜日から営業致します。

よろしくお願いします。


 
 
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

絵本買い取ります!!

当店では絵本の買取もしています。

エリックカール。

五味太郎。

せなけいこ。

荒井良二。

林明子。

長新太。

村上康成。

かがくいひろし。

ぐりぐらシリーズ。

バムケロシリーズ。

など、できるだけ高く買い取らせて頂きます。

やぶれ、しみ、黄ばみ、鉛筆以外の落書きなどがある場合、お値段が付かない場合があります。

基本的に店頭にお持ち頂いておりますが、量が多い場合には出張買取も致します(開店前、または夕方以降の時間帯等になります。)。

また、古くてとても売り物にならないけれど、捨てるのももったいないし、、、という場合もご相談下さい。

できるだけ善処させて頂きます。


 
 
 
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

お気軽にご相談下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

「はるにれ」絵本紹介。


はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)



はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)





はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)


絵本というか、写真集と言ってもいいのかもしれません。

はるにれの樹を撮った写真だけが並び言葉は一切なく。

 
雪の中のはるにれ、青空が広がり雪が積もっているはるにれ、太陽の位置が移り変わって行く中のはるにれ、草原の中にたたずむはるにれ、満月が真上に浮かぶはるにれ、闇夜のはるにれ、緑の葉が生い茂るはるにれ、、、。

 
言葉はありませんし、ストーリーらしいストーリーもないように思えますが、はるにれの樹がそこに立ち続け、その周りの世界はどんどん変化して行き、夏には葉が生い茂るというところに、何か大きな物語を感じずにはいられません。
 


暑くなり、寒くなり、雨が降り、風が吹き、朝が来て、夜が来る。

そんな移りゆく世界の不思議さ、面白さ、偉大さを自由に想像させてくれる本です。


 
 
 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »