« 「花さき山」紹介。 | トップページ | 「あな」紹介。 »

2010年11月20日 (土)

「くものすおやぶん とりものちょう」紹介。

くものすおやぶん とりものちょう(こどものとも絵本)

くものすおやぶん とりものちょう(こどものとも絵本)

著者:秋山 あゆ子

くものすおやぶん とりものちょう(こどものとも絵本)


まず、虫が苦手な人は厳しいです。

絵本風にだいぶ優しくアレンジはされていますが、それでも結構「くも」ですので。
 


「くものすおやぶん」こと、おにぐもの「あみぞう」が水戸黄門的昔話の世界で見回りをします。

で、とある店に、

 
「こんや くらのなかの おかしを ちょうだいする  かくればね」

 
という、盗みの予告状が届き。

それを見た親分。

それこそホントに自分の糸で「網を張り」ますが、、、、。
 


そこから、盗人と親分の攻防が始まるわけですが、なかなかのコミカル具合で、盗人の「かくればね」達の隠れ方も面白い。

とりあえず、登場人物が全部「虫」で、その虫たちが着物を着て、昔の風景に収まっているのが面白いです。

 
文章のリズムも軽快で、お話のスピードを加速させ、流れるように進みます。

俯瞰の引いた絵が多いので、昔の風景をじっくりと楽しみながら、その世界の中に入っていくような読み方もできますね。
 
 
 
 


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

|

« 「花さき山」紹介。 | トップページ | 「あな」紹介。 »

絵本の紹介 「か行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/37755726

この記事へのトラックバック一覧です: 「くものすおやぶん とりものちょう」紹介。:

« 「花さき山」紹介。 | トップページ | 「あな」紹介。 »