« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月27日 (木)

「あなたがとってもかわいい」紹介。


あなたがとってもかわいい



あなたがとってもかわいい


著者:みやにし たつや




あなたがとってもかわいい


あかちゃんはかわいいですね。
 

笑っていても、

泣いていても、

あくびしていても、

くしゃみをしていても、

おむつにうんこしているときも、

眠っているときも、

おっぱいを飲んでいるときも。

いつでもかわいい。

 
でも、大きくなると、「かわいい、かわいい」ってことばかりを言う訳にもいきません。

小生意気なことを言ってきて、「かわいくないなあ。誰に似たんだよ。」って思ってしまうこともあったりしますし。

でも、やはり基本はかわいい。

もともとかわいい。
 


そんなお母さんの気持ちを伝えるものとして、子供と一緒に読んであげて欲しいなあ、って思う作品です。

小生意気なことばかりで、一日中、怒ってばかりの時や、

弟や妹が生まれて、上の子をなかなか構ってあげられない時や、

単純に「かわいい」と伝えたい時に。
 
 

 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

「じゅげむ」紹介。

落語絵本 じゅげむ (落語絵本 (4))

落語絵本 じゅげむ (落語絵本 (4))

著者:川端 誠

落語絵本 じゅげむ (落語絵本 (4))

落語の「寿限無」を絵本にしたもの。

どういうお話かと言いますと、生まれたばかりの自分の子に、出来るだけ良い名前をつけてあげようとした両親。

寺の和尚さんに名前を考えもらいます。

で、色んな名前が挙がったんですが、選びきれないので全部くっつけてしまおう、っていう凄い話。

で、その全部くっつけた長い名前が、

 
「じゅげむじゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつ うんらいまつふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ぐーりんだいのぽんぽこぴーの ぽんぽこなーのちょうきゅうめいのちょうすけ」

 
っていうもの。

そのなが~~い名前によって起こる面白ハプニングが描かれている作品。

馬鹿馬鹿しい名前をつけて、毎度毎度、その馬鹿馬鹿しい名前をご丁寧に全部読み上げ、しまいにゃ、めでたし、めでたし、って感じで終わるんですから、これほど馬鹿馬鹿しいこたあありませんやね。

落語風に書いてみましたが、そんな意味のない馬鹿馬鹿しさがとても楽しい作品です♪

 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

お休みのお知らせ。

寒さが足の底からジワジワと染みてくる季節になりました。

寒いですねえ。

さて、そんな寒い季節ですが、1週間ほどお休みを頂きます。

ちょっと遅いですが、正月休みです。

 
1月17日(月) ~1月24日(月)

 
まで、お休みを頂きます。

よろしくお願いいたします。

 
寒い季節に入りましたが、皆様、どうぞお身体ご自愛下さいますように。

 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

「ぞうのボタン」紹介。


ぞうのボタン−字のない絵本−



ぞうのボタン−字のない絵本−


著者:うえののりこ




ぞうのボタン−字のない絵本−


ぞうさんがいますが、ぞうさんにはボタンがついていて、ボタンをとると中から馬が出て来て。

その馬にもボタンがついていて、ボタンをとると中からライオンが出て来て。

 
そんな感じで、ロシアのマトリョーシカ人形のように、次から次へと動物が出て来ます。

で、どの動物にもボタンがついていて、そのボタンを取ると中から、、、、。

文字はなく、静寂に包まれた感じのタッチで描かれていますが、とても楽しく読んでいけます。

あんなに大きな大きなぞうさんが、いつのまにかこんなに小さくなって、最後には、、、、。

文字がない分、逆にたくさんおしゃべりしながら読んでいける絵本ですね。

 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

「それほんとう?」紹介。


それ ほんとう? (福音館創作童話シリーズ)



それ ほんとう? (福音館創作童話シリーズ)


著者:松岡享子




それ ほんとう? (福音館創作童話シリーズ)


言葉遊びの絵本。

五十音の言葉それぞれに、それぞれの言葉が付いた単語を集めてお話にしたもの。

1つ例を挙げてみます。

「ぬ」から。

 
ぬけめのない

ぬすっとが

ぬのをぬすんで

ぬきあしさしあし

ぬかりなく

ぬけあなから

ぬけだしたとおもったが

これがぬかよろこび。

ぬけあなを

ぬけでたとたん

ぬまちのぬかるにみ

ぬるぬるとあしがはまりこみ、、、、、


 
 
って感じで進むお話が五十音の「わ」まであります。

読んでると本当に楽しいのです。

ダジャレや、韻や、回文や、しりとり、、などなど、言葉で遊ぶことはとても楽しいものですしね。

その楽しさを教えてくれます。

長新太さんの、赤と緑のクレヨンで描いた落書きのような絵もたまりません。

 
 
 
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

「どんなかんじかなあ」紹介。


どんなかんじかなあ



どんなかんじかなあ


著者:中山 千夏




どんなかんじかなあ


ひろくんという男の子。

彼は考えます。

「ともだちの まりちゃんは めがみえない。みえないって どんなかんじかなあって。」

そして目をつぶってみます。

 
 
彼は考えます。

「もうひとりのともだち さのくんは みみがきこえない。きこえないってどんなかんじかなあ。」

そして耳をふさいでみます。

「かあさ~ん、みみせん もってきて!」
 


 
障害を持つ子のことを考える彼。

つらい過去を持つ子のことを考える彼。

この絵本は起承転結がはっきりしていて、つまり、「転」のところで思いっきり話が動くんですが、それによって、この絵本全体の印象も変わります。

で、絵本全体の印象が変わるからこそ、あなたのことを考えて、彼のことを考えて、彼女のことを考えて、、、ってことに、違う視点、違う見方が加わる。

単純なお話ですが、とても深いお話です。

深く深く読んで欲しいお話ですね。

 
 
 
 
人気ブログランキングへ
今日も読んで下さってありがとうございます!!
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

「ほしになったりゅうのきば」紹介。


ほしになったりゅうのきば―中国民話 (日本傑作絵本シリーズ)



ほしになったりゅうのきば―中国民話 (日本傑作絵本シリーズ)


著者:君島 久子




ほしになったりゅうのきば―中国民話 (日本傑作絵本シリーズ)


二匹の龍が喧嘩をし、のたうちながら天へと登り、ぶつかって天を破ってしまうという、とんでもないストーリーで始まります。

破れてしまった天の裂け目からは、暑い日には雨が滝のように降り注ぎ、寒い日には冷たいひょうが石ころのように落ちてくるというとんでもない状況に。

で、その天の裂け目の下の村に住んでいたサンという若者が、村を救う為に出かけるわけですが、、、。

 
 
とにかくもう、ものすごく壮大なストーリーです。

壮大過ぎてぐうの音も出ないという感じですね。

次から次へと色んな事が起きますし。

そしてその壮大なお話を、もっともっと壮大に感じさせてくれる赤羽さんの絵が素晴らしい。

壮大なストーリーと、繊細で重厚で美しい絵のおかげで、読み終わると映画を1本見たような充実感を得られます。

寝る前に読んであげる、読み聞かせする、って時には敬遠される長さでしょうが(笑)、是非、子供と一緒に楽しみたいですね。

 
 
 
 
 
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

「猫山」紹介。


猫山 (創作絵本 38)



猫山 (創作絵本 38)


著者:斎藤 隆介




猫山 (創作絵本 38)


山の谷川で釣りをしていた三平。

遅くなって暗くなり、麓まで近道をしようとしたら迷ってしまい。

森の中に明かりのついている家を見つけ、そこで泊めてもらおうとすると、そこには一人の老婆とたくさんの子供がいます。

で、寝ていると、一匹の猫が三平を起こします。

その猫は三平が以前飼っていたものの、突然いなくなってしまった猫。

で、猫が言います。

「さっきのとりよりばばあは、あれは猫ばばです。にげないとくわれちまいます。」

それを聞いた後に見た、障子に映る包丁を研いでいる鬼婆の影。

これが怖いですねえ。

ほんと怖い。

「シュッ!シュッ!」と包丁を研いでいる鬼婆の、口は裂け、血が滴っていそうな真っ赤な舌が出ているような絵を、今もすぐに思い出せます。

私の脳裏に刻まれているこの恐怖が、絵本によるものなのか、物語によるものなのか、マンガ日本昔話によるものなのかはわかりませんが、それは確かに、そして強烈に残っています。

そして、そういう強烈ではあるけれど、健全な恐怖感っていうのは必要だと思います。

得体の知れないモノへの恐怖。

どうすることも出来ないモノへの恐怖。

そういう「恐怖感」を確かに知っているからこそ、それらを避け、又は、はねのけようとするわけで。


 
そういう意味で、健全な「怖さ」を教えてくれる作品ですね。

おお、怖い、、、。

 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

新規入荷情報。

Dscn0827


Dscn0836


新たに200冊ほど、入荷しました。

今回は、新品同様の人気作が多数です。

新品同様でも、お値段は定価の6割程度ですので、かなりお得。

ご来店、お待ちしております!!

 
 
 

 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

新年のご挨拶!!!

明けましておめでとうございます!!

皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。

 
今年は卯年。

私は年男ですので、必要以上にピョンピョンと跳ね回って行きたいと思います!

今年も、皆さんとお店でお会い出来ること、ブログ、mixi日記を読んで頂けること、楽しみにしております。

 
どうぞ、健康で、素敵な1年を過ごせますように。

 
 

改めまして、よろしくお願い致します!!

 
 
 
 
 
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »