« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月26日 (火)

「もりのえほん」絵本紹介。


もりのえほん



もりのえほん





もりのえほん

細かいタッチで、黒と黄緑、2色だけで描かれた森。

その中に様々な動物が隠れている「隠し絵」の絵本。

文字は一切ない純粋な絵本です。

 
森を眺める、というものとは別に、当然、そこに隠れている動物たちを探す、ということでも楽しめるわけですが、難易度は非常に高いです。

すぐに見つけられるものもたくさんありますが、巻末に載っている「隠れている動物」の種類の多さを見ると、

「え~~、どこにいるのよ~~!」と、大人でも夢中にならざるを得ないハイレベルぶり。
 


実際に森にいる動物たちって、街でネコちゃんやワンワンを見るのとは違い、どこにいるんだかわからないことがほとんど。

美しい鳴き声や、おっかない雄叫びや、得体の知れない音が鳴り響いてたりしますが、どこにいるのかはわからない。
 


この絵本は、一見、文字のない静かな絵本の世界が広がっていますが、動物たちを探し、森の世界に入り込んだイメージを膨らますと、さまざまな「音」までが聞こえてくるかのような気持ちにさせられます。

 
 
 

 
 


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

「たろうのひっこし」絵本紹介。


たろうのひっこし(こどものとも絵本)



たろうのひっこし(こどものとも絵本)


著者:村山 桂子




たろうのひっこし(こどものとも絵本)


「ねえ おかあさん ぼく じぶんの おへやが ほしいな」

たろうがそう言うと、

おかさんは古いじゅうたんを持ってきて、

「このじゅうたんを ひろげた ところが たろうの おへやよ」

と言います。

で、たろうは廊下にじゅうたんを敷き、自分の部屋を作るのですが、そこにネコのみーやがやってきて、

「わあ、すてき。 でも、まどがあったら もっといいのにな」と言います。


それからたろうは、自分の部屋をもっと快適な楽しい場所にしようとしていくのですが、「自分だけの場所」を作ることの楽しさにあふれています。

こどもも大人も「自分だけの場所」が欲しかったりするんですよね。

誰にも何も言われず、やりたいことをやりたいだけ出来る場所。

自由な場所。

 
そんな自由な場所で自由に楽しんでるたろうたちの姿を見ながら、自分の場所、自分の自由も想像できる楽しい絵本ですね。

 
 
 
 

 
 
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

お休みのお知らせ。

とんでもなく早く暑い夏がやってきたと思ったら、今度は台風ですね。

久しぶりのお湿りはありがたいですが、大きな被害が出ないことを願います。

 
 
さて、明日、

7月20日 (水曜日)

は、所用の為、お休みを頂きます。

よろしくお願いいたします。


 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

「おとうさんのえほん」絵本紹介。

おとうさんのえほん

おとうさんのえほん

著者:高畠 純

おとうさんのえほん


ゴリラのおとうさんや、

ぺんぎんのおとうさんや、

しろくまのおとうさんや、

わにのおとうさんや、

ぶたのおとうさんが出てきます。

で、そのおとうさん達が、「人間のおとうさんもこんなことやるよ!!」って、感じの仕草、言葉、行動をして行きます。

それがユーモラスでとても楽しい。

 
例えば、ぞうのおとうさんが、泣いている子ぞうをあやそうとして、長い鼻で紙飛行機を飛ばそうとするんですが、飛ばした紙飛行機がこどもの顔に落ちてしまい、また泣かせてしまう、、、という、ものすごいありがちなシーンとか(笑)


 
おとうさんにありがちな、力強さとか、暖かさとか、マヌケさとか、ちょっとしたジェラシーとか、そんなものがとても楽しく描かれています。

 
 
 
 

  

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

「ないた」絵本紹介。

ないた

ないた

著者:中川 ひろたか

ないた


1日1回泣く男の子が、色んな事を理由に泣くシーンが描かれます。

転んだり。

ぶつけたり。

ケンカしたり。

叱られたり。

 
でも、ある時、彼はふと思います。
 
「カラスがないた。 でも、あれは ないてない。

あ、ないてるのかもしれない。

おかあさんが びょうきで ないてるのかもしれない。」

  
そして、また気付きます。

「そういえば、 おとうさんが ないたのを みたことがない。」
 

 
子供の頃って、本当によく泣いてました。

何がそんなに悲しいんだよ、って感じで泣いていたし、何にも悲しいことなんてないだろ?ってところでも泣いていた。

そして、大人の涙はほとんど見たことがないけれど、たまに見るともの凄い動揺したのも覚えています。

なぜ、あんなに子供は泣くのか。

なぜ、大人は泣かないのか。

なぜ、あれほど、毎日泣いていた子供が、泣かなくなったのか。
 
 
あの時あんなに理由、あの時あんなに泣かざるを得なかった「感情」を思わせてくれる絵本です。

 
 
  
 
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

英語の絵本フェア!!

Dscn1327


Dscn1326

 

英語の絵本フェアを行っております。

日本でも有名なあの絵本の原書版や、日本ではなかなか手に入らないもの。

お求めやすいペーパーブックや、ちょっと変わったしかけ絵本なんかもあります!

英語がわからなくても絵だけで楽しめるものもたくさんありますし、

楽しく英語を学ぶために、って場合にも活用できますね。

また、英語だけでなく、デンマーク語、スペイン語、イタリア語の絵本もちょっとだけあります。

全て在庫なくなり次第終了ですので、どうぞお早めに。
 
是非、お待ちしております!!


 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

「まつげの海のひこうせん」絵本紹介。

まつげの海のひこうせん

まつげの海のひこうせん

著者:山下 明生

まつげの海のひこうせん


簡単に言うと、小学生の男の子が友達とケンカして負けて、運動場にひれ伏して泣いているものの、先生も友達もみんな行ってしまって悔しいぜ、エ~ン!ってお話です。

 
しかしそこから、この絵本は一気に不思議なファンタジーの世界に入って行きます。

そしてその不思議なファンタジーの世界が、素晴らしくファンタジー!!

飛行船に乗って空を飛んでいくんですが、下に広がる学校や海の構図がたまらなく美しいし、

海の上を飛ぶシーンも、想像力まで飛んでいきそうになるような素敵さ。

もうほんとに、この不思議で美しい世界に広がる海をずっと眺めていたくなります。

 
小学生だったあの頃の世界に広がる美しい世界を想い、なんとも言えない郷愁を得ますねえ、、。

 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

絵本の買取しています。


小平市、西東京市、東村山市、東久留米市の皆様。

花小金井、田無、前沢、滝山、等にお住まいの皆様。


当店では絵本の買取もしています。

エリックカール、ジョン バーニンガム、レオ・レオニ、五味太郎、せなけいこ。

赤羽末吉、安野光雅、いわさきちひろ、佐野洋子、スズキコージ、佐々木マキ。

荒井良二、酒井駒子、林明子、長新太、村上康成、かがくいひろし、ぐりぐらシリーズ、バムケロシリーズ。

こどものとも、かがくのとも、、、、

などなど、できるだけ高く買取りをさせて頂きます。


基本的に店頭にお持ち頂いておりますが、量が多い場合には出張買取も致します(応相談)。

(やぶれ、しみ、黄ばみ、鉛筆以外の落書きなどがある場合、お値段が付かない場合があります。)

また、古くてとても売り物にはならないだろうけれど、捨てるのももったいないし、、、という場合もご相談下さい。

できるだけ善処させて頂きます。

お待ちしております!!

 
 
 
  
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

読売新聞に「ねこじたゴリラ堂」掲載されました。

本日、7月5日の読売新聞地域版(多摩地区)に当店の様子を紹介して頂きました~。

34ページです。


Dscn1316


Dscn1317


Dscn1318


Dscn1319

 
最後のイラストを見て、自分では笑ってしまいました。

似てる、、、、、?のか、、、、、、?(笑)

武蔵野美術大学の梅田さんが描いて下さったそうです。

ありがとうございます。
 
 
  

 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

明日の読売新聞に掲載されます!

本当に暑い日が続きますね。

7月に入りましたが、8月の間違いなんじゃないの?って感じの暑さ。

これがあと2ヶ月以上続くかと思うと、かなりげんなりですね、、、。

 
さて、先日読売新聞さんに取材をして頂きましたが、そのレポートが明日の新聞に載る予定です。

多摩地域の地域版の「まちのコンシェルジュ」というコーナーだそうです。

色々とお話をしましたが、それがどんな風にまとまるんだかわかりませんが、楽しみですね。


よろしければ、是非ご覧下さい。

暑い日が続きますが、皆様どうぞお身体ご自愛下さい。

 
 
 
 

 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

「ぼくがラーメンたべてるとき」絵本紹介。


ぼくがラーメンたべてるとき



ぼくがラーメンたべてるとき


著者:長谷川 義史




ぼくがラーメンたべてるとき


想像力というものはどうしたら身につくものなのでしょうか。

多分、たくさん「想像」したら身につきますね。

では、たくさん「想像」するにはどうしたら良いか。

「好奇心を持つ」「視点を変える」「疑問を持つ」「知識を得る」なんていうところでしょうか。
 


「今頃、パパは何しているのかしらね?」

そう想像してみると、誰でも「仕事でしょ。」って思います。

でも、「15軒先の吉田さんとこのおじいちゃんは、今頃何をしているのかしらね?」って問われても、ちょっと想像しようがありません。

人は全く知識のないことに関しては想像力を持ち得ないし、好奇心も疑問も感じないことにも想像力を持ち得ません。


 
この絵本の中で「ぼくがラーメンたべてるとき」に、隣の子や、隣の隣の子や、隣の国の子や、隣の隣の国の子が何をしているかが描かれています。

少し大きい子向きの本でしょうが、読みながら色んな事を話したくなる絵本です。
 

 
最後の、ネコが窓の外を見ているシーンがとても素敵です。
 

 
 
 
  

 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »