« ご不要の絵本、買い取ります。 | トップページ | 「なぞなぞあそびうた」絵本紹介。 »

2011年10月31日 (月)

「木を植えた男」絵本紹介

木を植えた男

木を植えた男

著者:ジャン ジオノ

木を植えた男

まず、点描画のような美しい表紙に惹き付けられますね。

お話の中でも何度も語られますが、人間の信念の強さ、孤高を貫く姿勢が描かれてます。

人に認められたり注目されたりっていう俗世間的な他人との関係性とは無縁のお話。

読んでいると、イチローや「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんを思い浮かべます。

誰に褒められるでもなく、誰に助けられるでもなく、ただ、毎日、荒野にどんぐりを植えていく男。

駄目でも、失敗しても、それでも木を植えていく男。

そしてそれが、いつか大きな美しい森になり。

いつかそこに大勢の人があふれるようになり。

正しいと信じることを継続すること。

とにかく継続すること。

そうすれば、それがいつか、正に実を結び、花を咲かせる。

そしてそれは、きっと誰かが見てくれている。

見てないと思っていても、それは誰かが見ている。


「さあ、だから、毎日、木を植えていこうよ。」っていう、何かとても強い励ましをもらえる絵本です。


さあ、だから毎日挨拶しようよ

さあ、だから毎日家の前を掃除しようよ

さあ、だからいつも笑顔でいようよ


って感じで。


 
 
 
 

人気ブログランキングへ←←←クリックして頂けるととても嬉しいです。

|

« ご不要の絵本、買い取ります。 | トップページ | 「なぞなぞあそびうた」絵本紹介。 »

絵本の紹介 「か行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/32841710

この記事へのトラックバック一覧です: 「木を植えた男」絵本紹介:

« ご不要の絵本、買い取ります。 | トップページ | 「なぞなぞあそびうた」絵本紹介。 »