« 「ぎょうれつぎょうれつ」絵本紹介  | トップページ | 「ひさの星」絵本紹介  »

2011年11月16日 (水)

「ゆうちゃんのみきさーしゃ」絵本紹介。

ゆうちゃんのみきさーしゃ(こどものとも絵本)

ゆうちゃんのみきさーしゃ(こどものとも絵本)

著者:村上 祐子

ゆうちゃんのみきさーしゃ(こどものとも絵本)

ゆうちゃんがおやつに食べたお菓子の缶で遊んでいると、その缶がミキサー車に変わります。

そしてそのミキサー車は

ぼくは ゆかいな みきさーしゃ

なんでも おなかに ぶちこんで

ごろごろ まわせば たちまちに 

すてきな おかしが できあがる


と、歌いながらドンドン大きくなって行くので、ゆうちゃんはそのミキサー車に乗って走り出します。

 
普段乗りたくても乗れない格好いい機能のついた車。

男の子の憧れですね。

その車に乗って色々なところ行き、牛乳や卵やハチミツや果物や雪をもらいます。

そのもらったものは、当然、ミキサー車に入れてかきまぜていきます。

そして、友達のいる公園に戻るのですが、そこについてミキサー車から出てくるものはなんだと思います?

あれですよ、あれ。

 
子どもが欲しい、やりたい、食べたいと願うものが、もう、てんこ盛りでやってくるような絵本です。

その楽しい世界を空想せずにはいられません。

 
 

 
 


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

|

« 「ぎょうれつぎょうれつ」絵本紹介  | トップページ | 「ひさの星」絵本紹介  »

絵本の紹介 「や行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292145/43033951

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆうちゃんのみきさーしゃ」絵本紹介。:

« 「ぎょうれつぎょうれつ」絵本紹介  | トップページ | 「ひさの星」絵本紹介  »