« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

FM西東京さんにラジオ出演しました!!

さて、昨日は、この辺りにお住まいの方なら誰もがご存じの、「西東京タワー」が本拠地の、FM西東京さんに取材をして頂きました。

なんとこの番組で取り上げてもらうのは3回目になります。

いつもありがとうございます。

前回、2回、担当して下さった布施川さんが、レポーターからパーソナリティーに大出世!ということで、新たに土屋さんという方がいらしてくださいました。

お薦め絵本の紹介や、店を始めるに至る経緯、最近始めた若者向けの相談室のことなど、盛りだくさんの内容!(自分的には。)

1回話して、30分程度あいだを挟み、またもう少し話すっていう感じだったのですが、その間の時間に土屋さんとガッツリ話しこんでしまい、そこでパワーを使い果たし、後半は少し疲れ気味でした。(笑)

FM西東京さんに取材して頂く時は、毎回、「好きな女性のタイプは?」とかって話が出ている気がします。

ま、そういうのは好きなので大歓迎なのですが。(笑)

ブログにもその様子を書いて頂きました。↓↓
 
1/30(月)  ねこじたゴリラ堂  by  じゅんじゅん

 
 
FM西東京のみなさん、土屋さん、ありがとうございました!

 
 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月29日 (日)

「喜びの泉」絵本紹介。

ターシャ・テューダー 作・絵   食野雅子 訳

 
絵本というくくりに入るかどうかは微妙なところですが、世界の様々な名言、格言に、ターシャテューダーの絵が載せられている本。

この絵本に取り上げられている言葉は、非常に滋味のあるものです。

それは何より、ターシャテューダーの絵の力の強さによりますね。

その中から1つ。
 

美しいのに愛されていないものを愛そうと
ひとり心動かされた私は
四季のなかで
冬をいちばん愛する

そしてその病的な青白さを追い求める
それは死ではなく、大いなる静けさ
世界を覆い包む薄暗い雲には
暗さ、寒さよりも

まだ眠っている光と暖かさを感じる
その寝息に耳を傾けると
雪の薄掛けの下で息づきはじめた
収穫の小さな命の鼓動が聞こえる

 
コペントリー・パトモアという人のこの言葉に、どんな絵がついているのか。

どうぞ、読んでみて欲しいと思います。

 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


| | コメント (0)

2012年1月27日 (金)

「ぼくを探しに」絵本紹介。

作・絵: シェル・シルヴァスタイン
訳: 倉橋 由美子

 
 
パックマンのような、丸っこい人が、口っぽいところにはまるかけらを探しに行く物語。

深いというか、難しいというか。

何とも難解な物語。

いや、人によっては、とてもわかりやすいお話なのかもしれませんが。

 
今の自分に「不完全感」というか、満たされない思い、欠けているという思いを持つ人は、その足りない何かを探しに行きます。

それを探して、「不完全感」を払拭しないと、幸せにはなれないから。

でも、その「足りない」「欠けている」と思っているものは、本当に欠けているのか。

「吾唯足を知る」と言いますが、「今の自分で完璧だ。」って思えれば、「不完全感」は生まれようがない。

当たり前のことのようですが、その当たり前のことは難しい。

「足りない」「欠けている」「不完全だ」。

その「劣等感」はどこから来ているのか。
 


無人島で1人で暮らしていたら、劣等感は感じません。

世界中の人がハゲていたら、ハゲに劣等感も感じません。

自分が自分であることと、「何かが足りない」と感じることは、実は全く関係なく、それは常に他者との関係性の中で感じるもの。

 
「私は満たされている」って思ってしまえば、それで全てはオッケーなわけです。

 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

「ゆきみち」絵本紹介。

Bed57ad9bd

おばあちゃんちで弟が生まれ、お父さんと一緒に会いに行く話です。

バスの終点で降りてから、そのおばあちゃんの家まで、とんでもない大雪。

雪と風にさらされ、先を行くお父さんと、距離が離れ始め。

さらに雪が降り、風が吹き。

へこたれそうになる時、途中にあるお地蔵さんや、大きな樹を見て、春や夏にそこであった暖かい思い出に励まされながら、前へ前へと頑張って歩く男の子。

雪の描写が本当に凄く、冷たい風が自分のところにも吹いてきそうな迫力のある絵の連続。

その分だけ、暖かい思い出を思い出す時のその暖かさが、より一層、心に沁みます。

人はつらく悲しい時も、暖かく優しい思い出に励まされるものなんだなあ、ってことをしみじみ思いますね。
 


でも、もう、とにかく雪が凄い!!


 
 
 
 
人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

「葉っぱのフレディ」絵本紹介っぽいもの。


 
 
(私の個人ブログに書いたものより。)
 
 

「無常観」を描いた絵本ですよね。

この世に常なるものはなく、全ては生々流転する、ということ。
 

「ぼく 死ぬのがこわいよ。」

「そのとおりだね。まだ経験したことがないことは、こわいと思うものだ。

でも考えてごらん。世界は変化しつづけているんだ。変化しないものは ひとつもないんだよ。春が来て夏になり秋になる。葉っぱは緑から紅葉して散る。変化するって自然なことなんだ。

きみは春が夏になるとき こわかったかい?緑から紅葉するとき こわくなかったろう?ぼくたちも変化しつづけているんだ。

死ぬというのも 変わることの一つなのだよ。」
 

昨日、鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏のことを考えていました。

あの木は強風で倒れてしまいましたが、さて、あの木は死んだのでしょうか。

あの木に命があるとしたら、その命はどこに存在しているのか。

根なのか、葉なのか、幹なのか、実なのか。

大木が倒れたあとの折れた株から、新たな芽が出ているそうですが、それは命が連続しているのか、新たな命なのか。
 


「この木も死ぬの?」

「いつかは死ぬさ。でも、”いのち”は永遠に生きているのだよ。」
 

生物学者の福岡伸一さんは、「生物と無生物のあいだ」という本の中で、「生命とは動的平衡にある流れである」ということを書いています。

簡単に説明するのが難しいのですが、36年前に私が産まれた時、私を構成していたものは、全て母親の胎内から得た、母親と同じ成分でした。

でも、36歳の今、私を構成しているものは、細胞から何から母親からもらった物質としての成分ではなく、全て新たに取り入れた食物から出来たものに取り変わっているはず。

じゃあ、私は私ではなくなったのか、と言えば、私なわけです。

それこそが、「動的平衡にある流れ」。多分。

樹はどこまで樹なのか。

川の水はどこまでが川の水で、どこからが海の水なのか。

私はどこまでが私なのか。

私も「葉っぱのフレディ」と同じく、人類という大きな樹の1枚の葉っぱだとしたら、私の命はどこで終わるのか。

この世に常なるものはなく、全てが変化し続けるものだとしたら、肉体はなくなっても、命はなくならないのかもしれません。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

「みどりの目」絵本紹介。

Ehon_3668


作・絵: エイブ・バーンバウム
訳: ほしかわなつよ

 
この絵本を1行で説明するならば、

「子ネコの身の回りのものと、その生活の季節ごとの移り変わり。」

って感じでしょうか。

特に何も起きません。

なのに、特に何も起きないこの絵本を読み終わると、どうしてこんなに豊かな暖かい気持ちになるのでしょう。

季節によって、移り変わって行く美しい絵の世界。

その美しい世界をネコの視線で切り取った美しい言葉。

 
「さむくて、そとでは とても あそべなかった。みみは つめたく、あしは かじかみ、それに、ひげにも ゆきがつもった。」

 
この言葉と共に、真っ白な草原の中でたたずみ、舌で雪を舐めているネコの姿が描かれた次のページでは、その雪原が窓の向こうに広がる、暖かな暖かな部屋の赤い箱の中で眠るネコの絵が。

 
絵と言葉。

世界の切り取り方によって、何でもない世界がこれほど暖かくなるんだ、ってことを感じられる絵本です。

 

 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月21日 (土)

お休みのお知らせ。

Img1f3596d1zikbzj


雪が降りましたねえ。

寒い!!

 
さて、営業時間の変更とお休みのお知らせです。

 
本日、1月21日(土)の営業は15:00まで、

 
明日、1月22日(日)はお休みを頂きます。

 
 
すみませんが、よろしくお願いいたします♪

 
 
 

 
 

 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


| | コメント (0)

2012年1月20日 (金)

紙芝居の買取始めます。【小平・清瀬・東久留米・東村山・西東京】

当店は、小平市の西端の花小金井にありますが、そのあたりは、西に西東京市、北に東久留米市、清瀬市、北西に東村山市が隣接しています。

そして、その各市に紙芝居サークルがあるんですね。

このあたりは、紙芝居が盛んなわけです。

で、そのサークルで活動されているお客さんがいらした際に、「紙芝居は置いてないんですか?」というお声をいくつくか頂き。

やはり、需要が少ないものなので、なかなか手に入りにくく、新品もセット販売が主なので、中古で単品販売してもらえるととてもありがたいそうで。

特に紙芝居の場合、絵本と違って、舞台の台本のように裏面に色々と「台詞回し・間」等の書き込みが必要なため、図書館で借りたものでは厳しいところもあるようです。

 
というわけで、少しでもお役に立てれば、と思い、紙芝居の仕入れも始めることに致しました。

紙芝居の性質上、個人でお持ちの方はあまりいらっしゃらないかと思いますが、

学校、幼稚園、保育園等、ご不要の紙芝居がありましたら、どうぞお声がけください。

 
買取値段は、絵本同様、「人気、需要、状態」等で変わりますが、そこそこ状態の良いもので、定価の1割とお考え頂ければと思います。

また、「ちょっとこれは売り物には厳しいかも・・・」というものでも、当店では買取販売が厳しかったとしても、使いたいと言う方々にはリサイクル品として、再利用して頂きたいと考えています。

どうぞ、お気軽にご連絡下さい!!

 
 
 

 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

「時の迷路」絵本紹介。

作・絵: 香川 元太郎
 
 
さまざまな時代のさまざまな場所が迷路になっています。

そしてその迷路を辿りながらその時代のものに触れていく、って感じの本。

 
迷路って面白いですよね。

私も小学生の頃は、自由帳に延々迷路を書いてました。

友達も同じように迷路を書き、それを見せ合いながら遊んだり。
 


この本の迷路は結構ハイレベルです。

同じページ内に迷路だけでなく、いくつもゲームが隠されていますので、何度も楽しめます。

これ、大人がやっても結構難しいと思いますよ。

迷路という面白いゲームをやりながら、歴史に興味を持つとっかかりになる絵本です。

 
 
 


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→→ 人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

答え。

さて、昨日のクイズの答えです。

 
Dscn1569


「春夏冬二合半」

 
まず、

「春夏(秋)冬」のうち、「秋」がないですね。

秋がない。

秋ない。

あきない。

商い。

「商い」です。

 
そして、「二合半」。

米でも酒でもいいんですが、一合、二合は「ます」で計りますね。

なので、「二合半」ってことは、「升(ます) + 升(ます) + 半升(はんしょう)」となります。

「ますますはんしょう」。

 
はい。続けて読むと「秋ないますますはんしょう」 → 「商い益々繁盛」となるわけです!


 
正解した方いらっしゃいましたでしょうか~~。

 
 

 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

クイズ。

Dscn1569


さて、今日はクイズです。

今、店に貼っているこの手ぬぐい。


 
「春夏冬二合半」
 


これ、どういう意味だかわかりますか?

わかった人は結構すごい!

 
 
答えは・・・・・・・

        人気ブログランキングへ


 
 
 


 
 
ヒントは「開店の時に友人がくれたもの」ってことです。

答えは明日のブログで!

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

「ゴムあたまポンたろう」絵本紹介。

あたまがゴムでできている男の子、ゴムあたまポンたろうのお話。


あたまがバットのようになっている大男にあたったり、

バラの花のとげにあたったり、

おばけにあたったり。

あたっては飛んで、また、あたっては飛んで。


「ユーモアたっぷりの」というか、「ユーモアしかない」って感じでポンたろうは飛んでいきます。

こういう意味のない、設定が飛び抜けている面白い絵本が大好きです。

意味がないので、紹介するって言っても、どう伝えたらいいのかなかなか難しいのですが、面白いんです。

派手な色で描かれた美しい世界が面白さを増幅させてくれてますし。
 


あんまり細かいことは言わず、、、。

いや、言えず、、、。

是非、手にとってみて下さい。

 
 
 
いつもクリックありがとうございます! →→Br_decobanner_20111203101106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

3月の話ですが。

本日、近所の公民館の方からお電話を頂き、3月あたりに小さいお子さんをお持ちのお母さん向けに、絵本に関してのお話をさせて頂くことになりました。

30分程のようですが、何を話そうかなと考え中。

絵本に親しむきっかけ、とっつきやすくなるような話を出来たらなあと思っております。

また、日程が近づいたら詳細をご連絡しますね。

 
 

 
ブログランキングというものに参加しております。

現在3位です。

くまさんをクリックして頂くと順位が確認できます。

押して頂けると上にあがれます。

よろしくお願いします!!

 
 


このクマです。 →→→ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年1月15日 (日)

「みしのたくかにと」絵本紹介。


ある日、台所を掃除していて、とある種をみつけたふとっちょのおばさん。

何の種だかわからなかったおばちゃんですが、聞けばそれは「あさがおの種」だそうで。

楽しみにしていると、さらに違う人がそれは「すいかの種」だと言う。

どっちがどうだか分かりませんが、おばちゃんは気にしません。

出来た時のことを想像しながら、その種をまき、立て札にこう書きます。

「あさがおかもしれない すいかかもしれない とにかくたのしみ」と。

 
そしてこの立て札をたまたま読んだその国の王子さまが、なぜか、

「みしのたくかにと いなれしもかかいす いなれしもかおがさあ」と逆に読んで覚えてしまったところから、お話は急展開し始めて・・・。

 

絵本らしい絵本というのがあるのかどうかはわかりませんし、私は基本的に「面白ければ、面倒なことを言わずになんでもオッケー!」と思っていますが、この絵本は絵本らしい絵本です。

このニュアンスは伝わるでしょうか。伝わりませんよね。(笑)

何ともありえないことが起きて、なんともありえないことをみんながし始め、最後は綺麗にハッピーエンド!

ちょっと文章が多めですので、寝る前に読もうとするとパパママは大変かもしれませんが、子供が子供たるゆえんは「遊ぶ」ことにあるし、その「遊ぶ」ということを徹底的にやりつくすからこそ、子供から脱皮して大人になるんじゃないの?ってことを、面白ストーリーで表現してくれる絵本です。

 
 
 

 
 
クリックして頂けるととても嬉しいです→→→人気ブログランキングへ


ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

SoftBankのiPhoneのWi-Fiあります。【小平 花小金井 東京街道】

Dscn1568


SoftBankのiPhoneに限るようですが、それのWi-Fi始めました!

と言っても、正直何がなんだかよくわからないのですが、iPhone用のアンテナが強化されました、ってことのようです。

それ専用の機械を設置し、おとうさんのシールも貼りました。(笑)

どうぞ、気軽にご利用下さい。

 
 
ちなみに写真にあるように、「こども110番のいえ」でもありますので、何かありましたら、いつでもどうぞ。

筋肉の衰えはありますが、剣道1級(微妙)を保持しておりますので、不審者はシャッターをおろす金属棒で撃退いたします。(笑)

 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

「あさになったので まどをあけますよ」絵本紹介。

作・絵: 荒井良二
 
 
お話らしいお話はありません。

朝の窓を開ける光景が描かれています。

この絵のタッチを見て、印象派の作品を思い浮かべた人は多いのではないでしょうか。

暖かな光があふれているシーンの連続。

以前、パリのオルセー美術館に行った時、しみじみ思ったのは、私にとっての良い絵、魅力的な絵は、静止した世界が静止しておらず、その絵の中に物語が浮かび、流れ、活き活きと躍動している、ってこと。

この絵本の絵はまさにそんな感じですね。

「あさになったのでまどをあけ」、まどをあけたその後の世界の動きまで感じられるような作品。

光かがやく美しい世界の暖かさが、読んでいるこちらにまで届くような絵本です。

 
 
 
 


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月)

お休みのお知らせ。

Yun_2834

 
 

底冷えするような寒さが続きますね。

さて、

 
1月10日(火)~13日(金)

 
まで、お休みを頂きます。

遅めの正月休みです。

南の島でバカンス!!     には行きませんが、ゆっくりしたいと思っております。

電話、メール等のお問い合わせは14日以降になりますのでよろしくお願いいたします。
 
 
 
どうぞ、お身体ご自愛下さいますよう。

 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

「でんしゃでいこうでんしゃでかえろう」絵本紹介。

間瀬 なおかた
 


 
電車がどんどん進みます。

山を進み、野原を進み、トンネルを進み。

この絵本には、切り抜き部分があるので、真っ暗なトンネルのページから、入口、出口の光景が見えます。

トンネル、景色、トンネル、景色、トンネル、景色、って感じで、交互に構成されているわけです。
 


川端康成の名作「雪国」の冒頭、

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」の気分を、毎ページごとに楽しめるわけですね。(笑)

 
この絵本は本当に楽しいです。

トンネルを出た世界を繋いでいる線路を追っていくのも楽しいし、このトンネルの向こうにはどんな世界が広がっているんだろう、、と想像するのも楽しい。

左右どちらからでも読めるので、往復切符で楽しめますよ。

 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月 6日 (金)

「ちょっとだけ」絵本紹介。


作: 瀧村有子
絵: 鈴木 永子

 
赤ちゃんが産まれて、おねえちゃんになった「なっちゃん」。

おねえちゃんになったので、お母さんに全部甘えることはできません。

なので、色んな事を「ちょっとだけ」頑張ります。

牛乳をコップに入れたり、パジャマのボタンを留めたり、髪をとかしたり、頑張って、「ちょっとだけ」成功します。

 
「おねえちゃんだから」1人で色々と頑張ったんですが、でも眠くなってきて、

「ママ、ちょっとだけ だっこして・・・・」と・・・。

 
このお話は暖かいですね。

最後が特に暖かい。

誰かが「ちょっとだけ」我慢して、「ちょっとだけ」頑張って、「ちょっとだけ」優しくし、「ちょっとだけ」愛してもらえれたら、それは「ちょっとだけ」でなく、「たくさん」の何かに変わる気もします。

「ちょっとだけ」なら出来そうな気もします。

そんな「ちょっとだけ」の大きな暖かさを感じることの出来る絵本ですね。

 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

読み終わった絵本、買い取ります!!【小平・西東京・東久留米】

16fd3a9fs

当店では絵本の買取もしています。

エリックカール、ジョン バーニンガム、レオ・レオニ、五味太郎、せなけいこ。

赤羽末吉、安野光雅、いわさきちひろ、佐野洋子、スズキコージ、佐々木マキ。

荒井良二、酒井駒子、林明子、長新太、村上康成、かがくいひろし、ぐりぐらシリーズ、バムケロシリーズ。

こどものとも、かがくのとも、、、、

などなど、できるだけ高く買取りをさせて頂きます。

買取の値段は、状態の良いもので、定価の1割程度とお考え下さい。

それに、人気度、希少度、当店の在庫数などで、多少上下します。
 


基本的に店頭にお持ち頂いておりますが、量が多い場合には出張買取も致します(応相談)。

(やぶれ、しみ、黄ばみ、鉛筆以外の落書きなどがある場合、お値段が付かない場合があります。)

また、古くてとても売り物にはならないだろうけれど、捨てるのももったいないし、、、という場合もご相談下さい。

できるだけ善処させて頂きます。

お待ちしております!!

 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    不定休です。

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

「ぼちぼちいこか」絵本紹介。


作: マイク・セイラー
絵: ロバート・グロスマン
訳: 今江 祥智

 
色んな職業に挑戦していくかばくん。

ただ、彼のちょっとした問題は、とにかく「体重が重い」ということ。

その尋常でない体重の重さのせいで、何をやってもうまく行かず。

何をやってもうまくいかないんですが、この方、あきらめません。(笑)

あきらめないですし、超楽観的。

ポジティブに行く、ってのはこういうことやねん!って感じです。

そして、何より、この絵本は、訳が素晴らしいですね。

あえて、関西弁にしたところで、その面白さが増しています。

多分、英語と日本語のバイリンガルの人が、最初に英語版を読んでいて、そのあとにこの日本語版を読んだら、「なんじゃこりゃ~~!!」って感じるほどの意訳だと思いますが、

これは、これで完全に正解だと思います。

だって、面白い。(笑)

面白ければ何だっていいじゃん派の私としては、拍手したい訳ですね。

ま、そんなこんなも含めて、ぼちぼちいけば、いいんです。(笑)

 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月 3日 (火)

「サーカス!」絵本紹介。

ピータースピア

 
 
その題名の通り、サーカス一団がとある街にやって来て、準備、公演、また去って行くまでを描いたもの。

ジャグリング、トランポリン、綱渡り。

クマ、ゾウ、馬の芸に、ピエロ。

オートバイの曲芸。

ライオンの輪くぐりに、空中ブランコ・・・。

 
最近、サーカスというのはあまりやっていないようなので、実際に見たことがある人は少ないのかもしれませんね。

私も、かつて一度だけ見に行った記憶があります。

わずか、4.5歳の頃だったと思いますので、うろ覚えなんですが、真っ暗な館の真ん中の舞台が光輝いていて、そこにトラだかライオンだかが走っていた記憶があります。

それは結構強烈に覚えていますので、よほど印象的だったのでしょう。

 
そんな印象的な楽しい面白い世界を表現したこの絵本は、何とも不思議な気持ちを思い起こさせてくれる気がします。
 
私たちが使う、「サーカス」という単語には、そんな何とも言えない、楽しげな、不思議な、驚きの世界が込められていると思いませんか?

 
 
その世界を見せてくれる絵本です♪

 
 
 


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

2012年のご挨拶。

Osn0027049_m

 
 
あけましておめでとうございます。

2012年も無事に明けましたね♪

昨年中は大変お世話になりました。

今年も引き続きよろしくお願いいたします。

 
ねこじたゴリラ堂は、年始も休まず営業しております!

 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »