« 「ちょっとだけ」絵本紹介。 | トップページ | お休みのお知らせ。 »

2012年1月 9日 (月)

「でんしゃでいこうでんしゃでかえろう」絵本紹介。

間瀬 なおかた
 


 
電車がどんどん進みます。

山を進み、野原を進み、トンネルを進み。

この絵本には、切り抜き部分があるので、真っ暗なトンネルのページから、入口、出口の光景が見えます。

トンネル、景色、トンネル、景色、トンネル、景色、って感じで、交互に構成されているわけです。
 


川端康成の名作「雪国」の冒頭、

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」の気分を、毎ページごとに楽しめるわけですね。(笑)

 
この絵本は本当に楽しいです。

トンネルを出た世界を繋いでいる線路を追っていくのも楽しいし、このトンネルの向こうにはどんな世界が広がっているんだろう、、と想像するのも楽しい。

左右どちらからでも読めるので、往復切符で楽しめますよ。

 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

« 「ちょっとだけ」絵本紹介。 | トップページ | お休みのお知らせ。 »

絵本の紹介 「た行」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ちょっとだけ」絵本紹介。 | トップページ | お休みのお知らせ。 »