« 「ぶーちゃんとおにいちゃん」絵本紹介。 | トップページ | 赤ちゃん向けの絵本買います。 »

2012年8月31日 (金)

「カンガルーの子どもにもかあさんいるの?」絵本紹介。

カンガルーの子どもにもかあさんいるの?
 
 
訳者の佐野洋子さんの言葉が最初の見返しに載っています。
 


小さい子どもの最も根源的な問いに、驚くことがあります。

大人が長いこと当たり前だと思っていたことが、また新しく生き生きとよみがえってきます。

 
「カンガルーの子どもにも、かあさん いるの?」

そう、問う子ども。

「ええ、もちろん、カンガルーの子どもにも かあさんは いるわ。 あなたと おなじよ。」

本当に、大人からすれば当たり前過ぎますね。

私たちはいつからか、「哺乳類の動物は、メスの親が赤ちゃんを産む」っていう常識を身につけました。

でも、それって、多分、子供からすれば奇跡なんですよね。

「僕には大好きなママがいるけれど、ライオンの子供にも大好きなママがいるのかあ!」っていうようなことは。

どの動物にもお母さんがいるよ、っていう繰り返しの単調な絵本として読むか、子供と一緒に、世界の奇跡である「子供には母親がいる」というその事実を噛み締めながら読むかで楽しみ方も変わる気がします。

感動は、当たり前のことが当たり前でないところにありますよね。

 
 
 
 
 
 

1日1回、クリックして頂けるととても嬉しいです。☛☛人気ブログランキングへ


[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 
 

|

« 「ぶーちゃんとおにいちゃん」絵本紹介。 | トップページ | 赤ちゃん向けの絵本買います。 »

絵本の紹介 「か行」」カテゴリの記事