« 「トマトさん」絵本紹介。 | トップページ | 「はるかぜ とぷう」絵本紹介。 »

2012年9月 9日 (日)

「風が吹くとき」絵本紹介。


風が吹くとき

 
「さむがりやのサンタ」のレイモンド・ブリッグズが書いた、重い話。

何が重いのかと言えば、とある田舎町に住んでいる老夫婦の核爆弾が落ちたあとの変化を描いたものだからです。

「放射能の怖さ」ですね。

311から1年半ほど経ちますが、さすがにこの本の紹介はこれまでずっと避けてきました。

私はここで、反原発とも原発推進とも言うつもりはありませんし、それはそれぞれの方が、それぞれなりの思いに基いて決めて行けばよいのではないかと思います。

ただ、いろんな事を考える上での1つの材料、また、子供とも話をする(内容的に、小学生向きですが)のにも1つの助けになると思います。

 
 
映像がDVDにもなっているようですね。

↓↓↓

 
 
 

クリックして頂けるととても嬉しいです。現在、8位!!→→人気ブログランキングへ


[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

« 「トマトさん」絵本紹介。 | トップページ | 「はるかぜ とぷう」絵本紹介。 »

絵本の紹介 「か行」」カテゴリの記事