« 紙芝居買います。 | トップページ | 紙芝居入荷しました。 »

2012年10月 9日 (火)

「悪い本」絵本紹介。


悪い本 (怪談えほん1)

 
怖いです。

特にストーリー・物語があるわけではなく、淡々と、読んでいる人に語りかけてくる絵本。
 


 
あなたは なにかを きらいになります なにかが なくなればいいと おもいます


そのとき あなたは もういちど わたしの ページを めくるでしょう 

 
 
 
非常に丁寧な語り口で、淡々と「悪いあなた」を待っているという感じです。

絵が見事に怖いんです。

この本は、評価が思いっきり別れる気がします。

「こんなのは絶対に子供に読ませたくない!」って人も多いでしょうし。

私も一読した時は、「これは、なかなかきつい・・・」と思いましたが、見なおしてみると、「悪の肯定」は全然していないんです。

「悪の心を持ってしまう自分の肯定」をしているんですね。

人間、生まれてから死ぬまで、一切、反道徳行為をしないで生きていく人なんていないでしょう。

少なくても、「悪い思い」「悪い感情」「悪い気持ち」というのは芽生えてしまいます。

「まじ、あいつうぜえ。」的に。

でね、ある意味そういう心を持ってしまうことを肯定してくれているんだと思うんですよね。

「やっちゃえ、やっちゃえ!」って感じで小さい悪魔のように悪の行為をあおるのではなく、ただただ、そっと、「そんな時もあるよ。」って言ってくれているというか。

怖いんですが。(笑)

 
 
 
これを読んだ方がどんなことを感じるか、聞いてみたいものです。

 

 
 
 
 
 Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


|

« 紙芝居買います。 | トップページ | 紙芝居入荷しました。 »

絵本の紹介 「わ行」」カテゴリの記事