« 「しらんぷり」絵本紹介。 | トップページ | 「たくさんのふしぎ」と「昔話」フェア。 »

2012年10月26日 (金)

「しにがみさん」絵本紹介。

しにがみさん

 
落語を元にしたお話。

とある江戸の夫婦のところに子供が出来たんですが、貧乏でしょうがない状態。

そこの旦那は嫁に「カネが用意できないなら、豆腐の門に頭をぶつけて死んじまいな。」と言われる始末。

そんなところに「死神」があらわれます。

「おまえはこれから死神が見えるようになるから医者をやれ。枕元に死神がいたら助からないが、足元にいれば助かるから、アジャラカ・モクレン・キュウライス・テケレッツノパアと呪文を唱えれば死神は消える。」と言われます。

で、言われたとおりにやると、ドンドンと病人が治り、あっという間に大金持ちになり・・・・。


 
この話の面白いところは、ラストで死神に、地獄の底のような場所に連れて行かれるんですが、そこに無数のろうそくがあるんです。

で、

「この長いのがお前の赤ん坊、この半分くらいのがお前の女房、この今にも消えかけそうなろうそくがお前の命だ。」

って言われるわけですが、さて、どうなることか。

 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 

|

« 「しらんぷり」絵本紹介。 | トップページ | 「たくさんのふしぎ」と「昔話」フェア。 »

絵本の紹介 「さ行」」カテゴリの記事