« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

「12月24日」絵本紹介。

静かです。

とても静かな絵本。

12月24日のサンタさんのいつもと変わらない、でも、少しだけ特別な日常を描いた作品。

正直、何も起きません。

サンタクロースが出てくる絵本では、クリスマスの夜にあんなことやこんなことや、そんなことまで!ってことが起きたりしますが、この作品では何も起きません。

なんせ、夜以降のことは描かれていませんから。

でもね、タイトルの「12月24日」っていうものが私達に想像させるワクワクやキラキラなものが、このお話の「何もない日常」に強く力を与えています。

なんというか、オリンピックの100メートル決勝の、スタートのピストルが鳴る前の静かな感じとでもいいましょうか。


何も起きません。

何かが起きるのは「この絵本を読んだみなさんの想像力の世界で」です。
 
 
 
 
 

Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2012年11月28日 (水)

絵本の読み方について。

911016819_7651679cfd


子どもに絵本を読んであげる時。

子どもと一緒に絵本を読む時。

 
普段、どういう感じに読んでいますか?

「淡々と」、「ドラマチックに」、「はっきり大きく」、「劇団四季風に」、「やさしく」、「一緒に話しながら」、、、等々、色んなやりかたがあると思います。

そして、「絵本の読み聞かせ方」的な本なんかを読むと、そこにもまた色んなことが書いてあります。

私がお勧めする読み方はこれ。

 
 
「楽しんで読んでいるのなら、読み方なんてどうでもいい!」

 
 
 
別に投げやりなわけではありません。(笑)

パパもママも絵本が大好きで、子どもも絵本が大好きで、もっと絵本の道を極めて行きたい!っていうのならば、山を超え、谷を超え、あらゆる困難を乗り越えて、完璧な読み方を見つけ出して欲しいと思いますが、大抵のパパ・ママはなんだかんだで忙しく、なんだかんだでやることがあります。

そんな中で作った子どもとの時間に絵本を読もうとするのならば、「楽しく読めれば」それだけで十分じゃないですか。

ふざけようが、お話無視でオリジナルストーリーに向かおうが、テンションアゲアゲロックンロールであろうが、お互いが楽しいんだったらいいんです。

絵本は楽しむものであって、誰かに何かを押し付けられる筋合いのものじゃあありません。

どうぞ、好きなように好きなやり方で読んで、楽しい時間を過ごして頂きたいと思います。

 
 
 

 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

2012年11月27日 (火)

クリスマス仕様にしました♪

気づけば、寒風吹きすさび、11月も終わりに近づいていますね。

そう、もうすぐ12月。

クリスマスの月です!!

というわけで、店内をクリスマス仕様にしてみました♪


Dscn1876

 


Dscn1877

 


Dscn1878


ご来店お待ちしてます♪

 
 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 
 

|

2012年11月24日 (土)

「はたらくうまのハンバートとロンドン市長さんのはなし」絵本紹介。

 
 
荷車を引く馬のハンバート。

その馬のハンバートは、飼い主のファーキンさんと一緒にロンドンの街を歩いていらなくなったカナモノを探します。

「くずてつ、ふるてつ、なまり、どうはございませんか?」と言いながら。

そんなある日、ファーキンさんがビール工場のそばの食堂でご飯を食べている時。ビール工場には馬がたくさんいるので、その世話係をしている友人にハンバートをあずけるわけですね。

そして、そこにいる馬たちに話を聞くと、1年に1回は休みをとれるし、ロンドン市長が乗る金の馬車をひくこともある、っていうお話。

で、ハンバートは「世のなかって、ほんとうにふこうへいだ」って思うわけですが、そのあとに事件が・・・・・

 
っていう感じのお話なんですが、とにかくねえ、絵が素晴らしいです。

力強いタッチで描かれた重厚で、深い色彩の美しさを持った絵。

ロンドンの街の薄暗い感じを、見事に美しく描写していますねえ。

本当に絵を眺めているだけでも楽しい絵本です。

 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 

|

2012年11月22日 (木)

ドキュメンタリー映画「100万回生きたねこ」

Dscn1875

先年亡くなられた「100万回生きたねこ」の作者、佐野洋子さん。

佐野さんの最晩年、「顔を映さない」という条件でその日々をカメラが追いつつ、その「100万回生きたねこ」とリンクさせたドキュメンタリー作品が公開されるそうです。

12月8日、渋谷のシアター・イメージフォーラムでの公開を封切りに各地で見られるようですね。

 
 
「100万回生きたねこ」公式サイト。
 


東京 シアター・イメージフォーラム 03-5766-0114 12月8日(土)~

横浜 シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 1月19日(土)~

逗子 CINEMA AMIGO 046-873-5643 順次公開

静岡 シネギャラリー 054-250-0283 12月22日(土)~

松本 松本シネマセレクト 0263-98-4928 2月23日(土)のみ

名古屋 名古屋シネマテーク 052-733-3959 12月24日(祝)~

大阪 梅田ガーデンシネマ 06-6440-5977 1月5日(土)~

神戸 神戸アートビレッジセンター 078-512-5500 順次公開

岡山 シネマクレール 086-231-0019 12月22日(土)~

広島 横川シネマ! 082-231-1001 2月公開予定

松山 シネマルナティック 089-933-9240 順次公開

 
 
 
「100万回生きたねこ」に関しては、私も以前、この記事に紹介しましたが、「生と死」ってどういうものなのか、人生とはなんなのか、っていう誰もが考えずにはいられない深淵なテーマに、違う角度からのスポットライトを当ててくれるような作品です。

 
このドキュメンタリー、凄い見てみたいですね。

店頭に、劇場割引券がありますので、「是非見たい!」という方はお早めにどうぞ♪

 
 
 
ちなみに、隣に谷川俊太郎さんのポスターがありますが、たまたまです。(笑)

 
 
 
 
Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 
 

|

2012年11月18日 (日)

「ロージーのおさんぽ」絵本紹介。


眠そうな顔をしたニワトリのロージー。

彼女がお散歩に出かけます。

すると、うしろから、ロージーを狙ったキツネがやってくるわけです。

食べてやろうとでも思っているんでしょうか。

でも、ロージーはそれには全く気づきません。

ああ!、今にもキツネがロージーに襲いかかり・・・・  危ない!!!ってところで、キツネは毎回自滅します。(笑)

とにかくダメです。

全部裏目に出ます。

間抜けというか、アホというか、ついていないというか。

そのキツネのアホっぷりと、そんなことは一切お構いなしというか、そもそも気づいてすらいないロージーの平穏な散歩っぷりがたまりません。
 


これを読んだ子どもたちの笑い声が聞こえてきそうです。

 
 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 
 
 

|

2012年11月16日 (金)

「だるまだ!」絵本紹介。

 
ある日、海から何かが大量にやってきます。

そう、「だるま」です。

ちょっと変わったリーゼント風なだるまが、街に大量にやってきます。

だるまがあふれるその街では、だるまは床屋に置かれたり、花を飾るのに使われたり、ボクシングのグローブに使われたり、それで家を建てたり、街のあらゆるものが「だるま化」していきます。

その、「ありえない。なんでだよ。(笑)」っていう感じがたまりません。

なんか、カバンにしちゃっている人もいますし。

 

場面転換する時の、絵の構図と色使いが非常に美しいので、面白いだけでなく、「絵」として楽しめますが、最後のオチがまたたまりません。

 
 
 

Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

|

2012年11月15日 (木)

「おこる」絵本紹介。

 
月曜日、朝寝坊して怒られ、

火曜日、ピーマンを残して怒られ、

水曜日、植木鉢を割って怒られ、

木曜日、兄妹げんかして怒られ、

金曜日、宿題を忘れて怒られ、

土曜日、柿の実を取って怒られ、

日曜日、野球に遅刻して怒られ。

 
そんな、日々、怒られてばかりいる少年が考えます。

考えて、船に乗って海に出て、誰にも怒られないところに行ってしまいと、と思ったりする。

怒られてばかりいるけれど、僕も怒るし、ともだちのけんちゃんも怒る。

 
この本にはね、格言めいた教育的結末はありません。

「出来るだけ怒らないようにしましょう!」的な、「そんなもん、わかってるわ。怒りたくて怒ってるんじゃねえんだよ。」的なことを思ってしまう教訓はない。


でも、「怒る」ということを、客観的に見ることは出来るかもしれませんね。

自分の「怒り」という感情を。
 


感情のままに怒って良い時期から、感情のままに怒ってはいけない時期にさしかかる頃に、読んでみるのもいいかもしれませんね。

 
 
 

 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

 
 
 
 

|

2012年11月14日 (水)

「まってるまってる」絵本紹介。

 
 
わけわからん作品です。(笑)

 
ゴーヤみたいな着ぐるみを着た感じのおにいちゃんが行列に気づきます。

みんな何やら並んでいます。

その並んでいる人が、ユーレイだったり、おばさんだったり、クマだったり、野球少年だったりと、色々と意味不明(笑)

そして、何で並んでいるのかと次のページをめくってみると、バカでかいタコがたこ焼きを焼いていたりします。

で、そんなことが続いて行くうちに、みんな身体が太っていくんですよ。

食べ過ぎですね。

 
で、最後に、長い長い、長~~~~い行列の先には、アレがあります。

 
 
笑いどころ満載の、単純に楽しめる作品です♪

 

 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

|

2012年11月13日 (火)

「にんげんごみばこ」絵本紹介。


 
いらない人、嫌いな人がいたら、そこに捨てられるという「にんげんごみばこ」があります。

そこに子どもたちがやってきます。

おとうさんは嫌い、いらない。

お母さんもいや、いらない。

って感じで。

でもそのゴミ箱の前には、人が立っていて、その人が最後に聞きます。


「ほんとうにすててもいいの?」

「もう、いっしょうあえないよ。」 

 

と。

そう聞かれると、子どもたちは考えてしまうわけです。

楽しかったことや、優しくしてもらったことや、嬉しかったことなんかを思い出して。

そして、「また こんどにする。」と言って帰っていく。

 
とても過激な内容のように思えますが、絵はかわいらしくカラフルな色使いなので怖さはありませんし、子どもたちが抱える「お父さん・お母さんなんてキライ!!」って言う気持ちをそのまま受け入れてくれる絵本ですよね。

その気持は一切否定していません。

一切否定しないけれど、「一時的な感情だけで捨てちゃっていいの?本当にそれでいいの?」ってことを優しく気づかせてくれています。

 
子どもだけでなく、大人が読んでも、何か思うところはある作品ではないでしょうか。

 
 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 
 

|

2012年11月11日 (日)

「キウイじいさん」絵本紹介。


キウイじいさん

 
「キウイのすきなじいさんが、キウイのなえをいっぽんかって、にわにうえた。」ところから始まる物語。

で、じいさんは毎日毎日水をやるんですが、一向に大きくならず、実も付けない。

腹がたったじいさんは、水をやらずに、キウイの木の周りに生ゴミを埋め始めます。

それが栄養になったんでしょうねえ。

その気がドンドン、ドンドン巨大化し・・・・。

 
長新太さんの絵の凄さを満喫出来る絵本です。


 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

2012年11月10日 (土)

紙芝居の発表会。

Dscn1863


紙芝居サークルの「ともしび」さんが、「第4回 秋の祭典」と銘打って紙芝居の発表会をされるそうです。
 


明日です!!
 


以下、案内文から。
 

----------------------
 

「小平紙芝居サークル・ともしび」は、結成10周年を迎えました。
こころに響く紙芝居の魅力に取りつかれた仲間が、毎月、乳幼児から高齢者まで様々な方に紙芝居をお届けしています。
今回は、”絆”をテーマにした作品を用意いたしました。
どうぞ、秋の一日を楽しい紙芝居と共にお過ごしください。

日時 平成24年11月11日 (日)

午前の部 (開場 10:00) 10:30~12:15
午後の部 (開場 13:30) 14:00~15:30

場所 小平市中央公民館 (1F視聴覚室) 西武多摩湖線「青梅街道駅」より徒歩5分

入場無料・出入り自由

 
----------------------

 
相当な稽古を積んだかなり本格的なものであり、人気もあるそうなので、興味がある方は是非。

主催されている方が、紙芝居の老舗の「童心社」で、草創期から立ち上げをされた方なので、幼稚園や保育園などの教育関係を目指す方々にも勉強になるところがあるかもしれませんね。

 
 
 
 
 
Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 
 

|

2012年11月 9日 (金)

「三びきのこぶた」絵本紹介。

三びきのこぶた

 
「誰でも知っている」と言っても良いお話ですね。

三びきのこぶたがそれぞれ家を建てるわけですが、わらで作った家と、木で作った家は、オオカミにふっとばされてしまいます。

そして、レンガで家を作った1番下のこぶただけが助かるってお話です。


で、このお話に続きがあるのはご存知でしょうか?

息で吹き飛ばせないオオカミはなんとかこぶたを外に連れ出そうと、「うまいカブの畑があるから、一緒に取りに行こう」と誘います。

こぶたを食べるために息を吹きかけて家をぶっ壊そうとしたとんでもない前科があるにも関わらず、いけしゃあしゃあと「仲の良い友達♪」な感じで誘うところが素敵です。

で、6時に待ち合わせたものの、こぶたは5時に起きて先にカブを取ってきてしまう、という策略家。

 
そして最後に、業を煮やしたオオカミが、煙突から家に侵入して、鍋の中に落ちて煮やされ、それをこぶたがニヤニヤしながら食べる、というオチがあるわけですね。

 
私もこのお話は小さい頃に読んで本当によく覚えていて、「家を建てる時は絶対にレンガで作る」と決意したものです。


 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 

|

2012年11月 8日 (木)

お休みのお知らせ。

26615346

 


 
明日、

11月9日(金)はお休み

を頂きます。


 
よろしくお願いいたします。
 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


|

2012年11月 7日 (水)

「こめんぶく あわんぶく」絵本紹介。


 
 
 
こめんぶく あわんぶく (幼児みんわ絵本)


 
「日本版シンデレラ」って感じの昔話・民話ですね。

なんといっても太田大八さんの絵が素晴らしい。
 


途中、山に栗を拾いに行くんですが、継母とその娘の意地悪で、道に迷ってしまいます。

そこで見つけた明かりの点いている小屋に入ってみるとやまんばがいるわけですが、これが相当な迫力。

日本人が「リング」の「貞子」に恐怖を感じる系譜には、こういうった髪の長いやまんば的なものが最初にあるんじゃないかと思ったりします。

 
とにかく、怖いやまんばの描写だけでなく、着物や屏風の絵柄であるかのような淡い色使いの絵が美しいので、それだけでも読む価値のある絵本だと思います。

 
 
 


→→→ 若者向け談話室やってます。


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

2012年11月 2日 (金)

お休みのお知らせ。

F0115322_438023


 
明日、

11月3日(土)はお休み

を頂きます。


 
大分寒さが増して来て、夜、外に出る時は上に何かをはおらないと厳しくなってきましたね。

ネギ・ショウガあたりを大量に取って、風邪を寄せ付けないようにしたいですね♪

 
 
 
 
 
→→→ 若者向け談話室やってます。


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »