« お休みのお知らせ。 | トップページ | 紙芝居の発表会。 »

2012年11月 9日 (金)

「三びきのこぶた」絵本紹介。

三びきのこぶた

 
「誰でも知っている」と言っても良いお話ですね。

三びきのこぶたがそれぞれ家を建てるわけですが、わらで作った家と、木で作った家は、オオカミにふっとばされてしまいます。

そして、レンガで家を作った1番下のこぶただけが助かるってお話です。


で、このお話に続きがあるのはご存知でしょうか?

息で吹き飛ばせないオオカミはなんとかこぶたを外に連れ出そうと、「うまいカブの畑があるから、一緒に取りに行こう」と誘います。

こぶたを食べるために息を吹きかけて家をぶっ壊そうとしたとんでもない前科があるにも関わらず、いけしゃあしゃあと「仲の良い友達♪」な感じで誘うところが素敵です。

で、6時に待ち合わせたものの、こぶたは5時に起きて先にカブを取ってきてしまう、という策略家。

 
そして最後に、業を煮やしたオオカミが、煙突から家に侵入して、鍋の中に落ちて煮やされ、それをこぶたがニヤニヤしながら食べる、というオチがあるわけですね。

 
私もこのお話は小さい頃に読んで本当によく覚えていて、「家を建てる時は絶対にレンガで作る」と決意したものです。


 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 

|

« お休みのお知らせ。 | トップページ | 紙芝居の発表会。 »

絵本の紹介 「さ行」」カテゴリの記事