« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

「てがみをください」絵本紹介。

 
とある男の子の家。

そこにはいちじくの木があって、そこにパパと男の子が作った赤い郵便箱がかかっています。

そして、その郵便箱に手紙が来ているかどうかを見に行くのが、男の子の仕事。

 
そんなある日、郵便箱を見に行くと、なんとそこにカエルが一匹いて、壁に白いペンキを塗りながら

「きょうは ひっこしで いそがしいんだ。かえった かえった。」

なんて言うわけです。

そこには椅子やテーブルまであって、完全に自分の部屋。(笑)

でも、男の子はカエルがいようが何しようが、手紙が来ているかどうかを見にいくわけですが、そこに来ていた手紙をカエルが読んでしまっているわけですね。

男の子は当然、抗議するわけです。勝手に読むな、と。

それを聞いたカエルは自分宛ての手紙が欲しくなり、男の子にどうすれば手紙が来るかを聞くと、

「そりゃ、じぶんからも てがみを かけばいいのさ」というアドバイスをもらい。

男の子は毎日郵便箱を見にいく度に、カエルに手紙が来たかどうかを聞くわけですが、どうやら手紙は来ていないようで・・・・。


 
 
 
まさか、そこに家を作るの?っていう驚きの訪問から帰ると男の子の交流が始まっていくわけですが、これが何とも素敵な風景。

子供の頃は、人間の世界と動物や自然の世界に垣根なんてなく、全てがフラットに繋がっているわけですが、そのフラットな繋がりの中で、微妙に差がある人間と動物の関わりが、何とも感傷を誘います。

村上勉さんが描く絵が何とも美しい世界を作っていて、後半のお話が心に染みますねえ。

とてもお薦めの絵本です。

 
 
 
 
→→→ 「自分を知り、掘るための対話塾」

Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 

|

2013年3月28日 (木)

「わくわくでんしゃしゅっぱつ」絵本紹介。


 
「電車本」は数多くありますが、この絵本は非常に「動き」のある絵本ですね。

正面からだったり、

上からだったり、

横からだったり、

遠く離れたところからだったり、

と、様々な構図で「電車・街・人・世界」をダイナミックに描いていて、見ていてとても楽しいですね。

電車が暗闇のトンネルに入り、はるか向こうに明るく開けている出口に向かうシーンとか、それだけで「冒険」な感じがします。

電車好きの男の子の、「電車レベルが上がってきたな。」と感じたら、手にとってみてはいかがでしょうか。(笑)

 
 
 
 
 
→→→ 若者向け談話室やってます。


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 
 
 

|

2013年3月26日 (火)

「かいじゅうたちのいるところ」絵本紹介。

 
いたずらものの男の子、マックス。

彼はある日、おおかみのぬいぐるみを着て、いたずら三昧の大暴れ。

怒ったお母さんは、ご飯抜きで、マックスを寝室に放り込みます。

 
すると、寝室にドンドンと木が生えて、森になり、そこへザブリザブリと波が打ち寄せて来て、マックスは船に乗って航海に出かけます。

そしてその先にたどり着いたのは、怪獣たちのいるところ・・・・なわけですね。

 
この絵本はね、「怪獣たちとの大冒険」を描いた絵本であるんですが、それと同時に、

「子供心の心理」ってものを描いたものでもありますね。

ワガママが通らなかったり、欲しい物を買ってもらえなかったり、ご飯の時に弟のハンバーグのが大きかったり、やたら怒られたり・・・・なんてことがあると、「お母さんなんてダイッキラダ!!」って感じになってしまいますが、そんなやさぐれた気持ちが芽生えると、どこかに逃避したくなり、そこで気持ちを発散したくなり、その後、「でもやっぱりお腹がすいたし、お母さんに会いたい・・・」っていう気持ちになったりもします。

そういう気持ちは、子供ならば、多かれ少なかれ誰もがなったりするもんでしょうが、そういう時の「子供の友」になる絵本だからこそ、これほどこの絵本が広く愛され続けたのではないでしょうか。

 
 
 
→→→ 若者向け談話室やってます。


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 
 

|

2013年3月23日 (土)

「いつもいっしょに」絵本紹介。

 
森の中で1人暮らしをしているくま。

ご飯を食べるのも、寝るのも、当然いつも1人です。

そんなある日、扉をトントンと叩く音がするので開けてみると、かわいいうさぎが寒そうに立っていて。

くまは暖かいスープを作ってご馳走しました。

誰かの為にご飯を用意することが嬉しくて、夜はベッドで一緒に寝ます。

くまは料理をするのが楽しくなってきて、毎日頑張って色んな料理を作ります。

そして、どこに行くにもうさぎと一緒。

でも、作った料理に「おいしい?」と聞いても、うさぎはただ、ニコニコしているだけ。

くまは段々とつまらなくなって来ます。

「ぼくは いろいろしてあげてるのに、どうしてなにも いってくれないの?」

と。

そして、ついにくまの感情が爆発してしまい・・・・・。


 
 
 
人間って勝手な動物ですよね。(人間じゃなくてクマだけど)

寂しいことがつらくて、それに満たされても、今度は一方的に愛を注いでいるだけでは不満になって、同じように愛を返して欲しいと思ってしまいます。人間って・・・・。(クマだけど)


 
感情を爆発させてしまったクマとうさぎはどうなるのでしょうね。

 

 
Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

ユキヤナギの花言葉。

春ですね~。

本当に一気に暖かくなって、裏庭のユキヤナギが満開です。


Dscn1925


Dscn1926


Dscn1927


ユキヤナギの花言葉を御存知ですか?私もさっき知りました。

ユキヤナギの花言葉は、
 


「愛嬌」「気まま」「自由」「殊勝」
 


だそうです。

私はユキヤナギの花が好きなんですが、それって、自由で、気ままで、愛嬌があったからなんですねえ。

桜はもうすぐでしょうか。

 
 
 
 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

|

2013年3月19日 (火)

「そらとぶパン」絵本紹介。

 
みんなが駅で電車を待っていると。

線路の向こうにあるトンネルからいい匂いがしてきて。

電車が来たかと思ったら、なんと焼きたてのパンがやってきます。

そしてみんな、そのパンに乗り込みます。なんでやねん。(笑)
 


そのまま線路を進んでいくと、なんと正面から汽車が!

ぶつかる!と思った瞬間、パンはふわりと浮き上がり、空に登っていきます。

そこからパンの国を訪れて・・・・という、痛快冒険活劇になって行くんですが、「良い匂いのする美味しいパンの国があったらなあ・・・。」的な夢想を、素敵に表現してくれていますね。

「お菓子の家」とか、「プリンで出来ている街」とか、「イチゴだらけの国」とか、子供の時に一度は想像して、その世界を楽しむことを夢見たりしますが、これもその1つの素敵な形。
 


 
空を飛んで、雲が出てくるシーンとかほんとワクワクします♪

 
 
 
→→→ →→→ 「自分を知り、掘るための対話塾」
  

クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 

|

2013年3月18日 (月)

遠方からのお客様。

27385897


 
ありがたいことに、当店には、結構な遠方からいらしてくださるお客さんがいらっしゃいます。

もちろん、いらしてくださったお客さんが、全員「〇〇から来ました。」ってことをおっしゃってくれるわけではないですが。(笑)

首都圏と言っても結構広いですが、千葉の海の方から、横浜の先の海の方、埼玉の山の方や、宇都宮からいらして下さった方もいました。

ありがたいことです。

 
で、先日、さいたま市から、歩いて6時間かけて来てくれた若いお客さんがいました。
 


6時間。
 

 
私は若いころ、チャリンコで京都まで行ったり、山手線圏内なら全部チャリンコで回ったり、酔っ払って電車を寝過ごして桜上水あたりで終電がなくなって、そこから花小金井まで4時間くらいかけて歩いて帰ってきたりもしたので、そんなに驚くことはないんですが、その修業のようなお遍路の目的地が「ねこじたゴリラ堂」なことがありがたいです。

 
 
でもやっぱり、6時間はきついわな・・・・。
 
 
 


→→→ 若者向け談話室やってます。


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 
 
 

|

2013年3月17日 (日)

「くすのきだんちは10かいだて」絵本紹介。


 
以前、「くすのきだんちへおひっこし」という絵本を紹介しましたが、それの最初の作品ですね。

この本では、「かけす」が引っ越してきますが、住民の優しと暖かさがホントに素敵です。
 


大きな大きなくすの木のこの団地は本当になんと魅力的なんでしょう。

ここは「住みたい度ランキング」では、吉祥寺や表参道を超えるんじゃないでしょうか。

 
「樹」というものの魅力、

「大きなものに守られている」という安心感、

「あたたかい隣人」、

等々、人間にとってなくてはならない「衣食住」のうちの「住」を、とても魅力的に見せてくれる絵本ですね。

 
ああ、住みたい・・・・・。(笑)

 
 
 
 
 
 
→→→ 「自分を知り、掘るための対話塾」


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

|

2013年3月15日 (金)

「さがしてごらん 100にんかくれんぼ」絵本紹介。


さがしもの的、ゲーム絵本。

各ページに100人がいるわけですが、その中から「この10人を探してみよう!」って感じですね。

「ウォーリーを探せ」のウォーリーの場合、描かれた人数はものすごい多かったとしても、探すべき人は「ウォーリー」で固定されているので、「探すこと」のみに集中できます。

でも、この絵本の人探しの場合、各ページごとに「10人」もいて、それが毎ページ変わってくるので、まず、探すべき人を「覚える」のが大変ですね。

私のように、顔を認識するのが苦手なタイプとしてはウォーリーのが圧倒的に楽です。(笑)

 
ゲーム的要素だけでなく、描かれた絵も美しくユーモラスでかわいい感じですので、それを眺めるのも楽しい絵本ですね。

 
 
 

 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 

|

2013年3月12日 (火)

「いちご」絵本紹介。

 
「いちごが苗から成長し、育ち、たくさんの実をつけるまで」の絵本。

平山さんの描く写実的な絵は、とても魅力的で人気もありますね。

 
この絵本を読んでいって、苗が大きくなり、葉も増え、花が咲き、小さな実が出来て、

それが大きくなり、

大きくなり、

大きくなり、

だんだんと、だんだんと、ふくらみ、

赤くなり、

赤くなり、

赤くなり、、、、

 
っていうのを見ているとね、誰でもいちごが食べたくなります。(笑)

「いちご」って、果物の中でも特に魅力的だったりしますが、その魅力を楽しませてくれる絵本です。

 
 
 
 
 
 
 

Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

|

2013年3月 9日 (土)

「じごくのそうべえ」絵本紹介。

 

 


落語の「地獄八景」とうお話を絵本にしたものだそうです。

かるわざしと、歯抜きしと、医者と、やまぶしが、死んであの世に行き、地獄に落とされて、、、っていうお話。
 


なんてったって地獄です。

赤鬼、青鬼、緑鬼、さまざまな恐ろしい鬼達があふれ、糞尿地獄や、熱湯の釜や、針の山なんかの恐ろしいものがたくさん。

太い線で描かれた絵がよりいっそうの怖さ、不気味さをあおります。

ですが、地獄に落ちた4人は、それぞれが、それぞれの特徴を活かし、この災難をくぐり抜けて行きます。

恐ろしい閻魔大王や、鬼達が、この4人の大活躍により、困り果て、参ってしまうところがホントにコミカルで楽しいところ。
 
 


それぞれの「顔」が本当に味があって素晴らしいのです。

「顔」を見てるだけで楽しくなってきます。

元が落語だけあって、おはなしは非常にリズミカルにテンポよく進んでいきますね。

リズムに乗せた声で、楽しく読み聞かせてあげたい絵本です。


 
 
 
  

Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 

|

2013年3月 4日 (月)

絵本買います。

Kayopuu0919img600x4481345296508z3qc

当店では絵本の買取をしています。
 
絵本全般、できるだけ高く買取りをさせて頂きます。

発行年数の古いもの、新しいもの、どちらでも構いません。
 


買取の値段は、状態の良いもので、定価の1割未満程度とお考え下さい。

それに、人気度、希少度、当店の在庫数などで、上下します。

紙芝居の買取もしております。

※(当店は個人経営ですので、大手中古書店さんより高価で買取できます。)

※(やぶれ、しみ、黄ばみ、鉛筆以外の落書きなどがある場合、お値段が付かない場合があります。)
 
 
 


また、古くてとても売り物にはならないだろうけれど、捨てるのももったいないし、、、という場合もご相談下さい。

遠方の場合、郵送での買取もしております。買取の値段から郵送費を引く形になりますが、「思い入れのある大事にしてきた絵本なので、大切に扱ってくれるところに引き取って頂きたい。」というお客さんが多く、私としてもそう言って頂けるのは非常に嬉しいことです。
 
 


できるだけ善処させて頂きます。

メール、お電話で、お気軽にご相談下さい。

お待ちしております!!

 
 
 
 人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »