« 絵本買います。 | トップページ | 「いちご」絵本紹介。 »

2013年3月 9日 (土)

「じごくのそうべえ」絵本紹介。

 

 


落語の「地獄八景」とうお話を絵本にしたものだそうです。

かるわざしと、歯抜きしと、医者と、やまぶしが、死んであの世に行き、地獄に落とされて、、、っていうお話。
 


なんてったって地獄です。

赤鬼、青鬼、緑鬼、さまざまな恐ろしい鬼達があふれ、糞尿地獄や、熱湯の釜や、針の山なんかの恐ろしいものがたくさん。

太い線で描かれた絵がよりいっそうの怖さ、不気味さをあおります。

ですが、地獄に落ちた4人は、それぞれが、それぞれの特徴を活かし、この災難をくぐり抜けて行きます。

恐ろしい閻魔大王や、鬼達が、この4人の大活躍により、困り果て、参ってしまうところがホントにコミカルで楽しいところ。
 
 


それぞれの「顔」が本当に味があって素晴らしいのです。

「顔」を見てるだけで楽しくなってきます。

元が落語だけあって、おはなしは非常にリズミカルにテンポよく進んでいきますね。

リズムに乗せた声で、楽しく読み聞かせてあげたい絵本です。


 
 
 
  

Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 

|

« 絵本買います。 | トップページ | 「いちご」絵本紹介。 »

絵本の紹介 「さ行」」カテゴリの記事