絵本と教育

2014年1月23日 (木)

読み聞かせの方法。

Isitreallythatfunny_l


絵本を読み聞かせる時に、どう読むのか?

簡単には言えませんね。状況によります。
 


ママがおやつの時に、2歳の娘に読んであげる時、

パパがおやすみの時間に、4歳の息子に読んであげる時、

おじいちゃんが腕白な孫3人に読んであげる時、

保育園の先生が5人くらいに読んであげる時、

幼稚園の先生が20人くらいに読む時。

 
全部違う状況です。

どんな状況でも通用する読み方というものはない気がします。

そもそも、絵本の読み方なんてのは自由であって、どう読もうが、その人次第。

そこに、「こうすべき。」なんていう作法はないでしょう。堅苦しいのは嫌いです。
 
 
ただね、ある程度オフィシャルな場において、ある程度の人数がいるところでは、ある一定の方法論はあっても良いのかな、ってことは思います。

当たり前ですが、読み聞かせの場合、絵本は読み手の力に思いっきり左右されます。

例えば、ひとつ想像して頂きたいんですが、「100万回生きたねこ」という作品があります。大人が読んでも心に沁みる深い深いお話。

その中で主人公のねこが泣くシーンがあります。
 
 
100man_neko_2

そこに、「エ~ン。」とか、「シクシク。」とかってセリフはないんですが、読み手が勝手に差し込むことは簡単です。

特に、ある意味サービス精神が旺盛で「子供を笑わせたい!」っていう気持ちが強いお父さんなんかは、そういうことをやってしまいがち。

だけどね、それをやってしまうと、もう、お話はぶち壊しなんですよね。

そこまでひどい改変ではなくても、やたら激しく読んだり、やたらアップテンポに読んだり、やたら悲しげに読んだりってことは、ついついしてしまいがちです。

なぜかといえば、そのほうが子供の食いつきは圧倒的に良いからです。何でも大げさにやれば、ほとんどの子供は喜びますから、「子供が喜んでいるんだからいいじゃないか!」っていう言葉にはある一定の説得力はある。

「その場で、一瞬だけ子供を喜ばす」ことが目的ならば、それで全然良いと思います。

ただ、「作品の持つ力をじっくりと味わって欲しい」ということが目的ならば、それは方法論が違います。

 
 

 

「絵本の読み聞かせ」のお話なのに、詩の朗読の動画を紹介するのも微妙ではあるんですが、この朗読は素晴らしいので。

多くの絵本に携わっている谷川俊太郎さんの「生きる」という詩を朗読したもの。

佐藤浩市さんが淡々と読んでます。

淡々と読んでますが、そこには強く、確かな感動がある。

偉大な作品には既に偉大な力があるので、読み手がまずすべきなのは、その作品の持つ世界を壊さず余計な色をつけずそのままの形で提示することではないでしょうか。


 
 
クリックして頂けるととても嬉しいです。→→


店のフェイスブックページ→「ねこじたゴリラ堂」Facebookページ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 


|

2013年5月19日 (日)

絵本と年齢。

File3831315867186


「この絵本は4歳で大丈夫ですか?」っていうご質問をたまに受けます。

「絵本の対象年齢」ってことですね。

これ、結構お答えするのが難しいんですよね。

明らかに赤ちゃん向け、明らかに小学生向け、明らかに大人向けってのはあります。

大体の年齢で、3歳、4歳、5歳、6歳・・・って感じの区分けもあるでしょう。

ただね、大体の想定される「対象年齢」はありますが、やはり読む側の個人差は大きいです。本人の理解力、読解力、好き嫌い・・・等。

 
「対象年齢」を選ぶ第一基準にするのではなく、あくまで参考程度にして、やはり「好き嫌い」で選んだほうが良い気もします。

お子さん本人の好き嫌いもあるでしょうし、親御さん本人の好き嫌いもありますよね。

 
例えば、「村上春樹」の作品の対象年齢はどれくらいでしょうか。

「ピカソ」の対象年齢は?

「ショパン」の対象年齢は?

そうやって別のものと比較してみると、対象年齢というものにあまりにも強くこだわるよりは、好き嫌いで気楽に選んだ方が良いと思うんですよね。

「4歳でも楽しめる絵本」を、14歳が楽しむこともできたりしますし、84歳が楽しむこともできます。

 
 
ですので、あくまで「選ぶ時のゆるめの基準」程度に気楽に考えたもらった方が、多くの絵本を気楽に楽しめるんじゃないかと思っております。


 
 
 
 

 
クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 
 

|

2013年2月28日 (木)

絵本は読んであげるもの。

26273352
 
 
 
 
 
 
 
 
絵本っていうのは子供が自分で読むものなのでしょうか。

親が読んであげるものなんでしょうか。


私は、読んであげるものだと思ってます。

読んであげて欲しいと思います。

それは、お父さん、お母さんでなくても、おじいちゃんでも、おばあちゃんでも、年上のお兄ちゃんでも、お姉ちゃんでも、誰でもいいと思いますが。


パパやママからすれば、子供が幼稚園の年中さん、年長さんくらいになれば、ちょっとの間だけでも絵本でも読んで静かにしててよ、って時もあるかと思いますが(笑)

絵本の与えっぱなしは、テレビの見せっぱなしよりはましだとは思いますが、それでも絵本の楽しみ方がわからない子もたくさんいるでしょう。

本をめくるだけで楽しい子もいるでしょうし、

絵を見て自分でお話を考えるだけで楽しい子もいるでしょうし、

自分で絵も文章も楽しめて、絵本が楽しいという子もいるでしょう。

色んな子がいるとは思います。
 


それでも誰かに絵本を読んでもらい、その時間、その場を通して、大好きな人と一緒の時間を楽しむっていうのは、子供にとっては何よりも貴重で重要なことだと思いますので。
 


一日一冊だけでも、

一日10分だけでも、

子供に絵本を読んであげて欲しいと思います。

そして、一緒にその時間を楽しんで欲しいと思います。
 


 
 
 
 
 
 
 
 

Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 
 

| | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

子供にどんな絵本を与えたらよいか。

8763923_433b6e7637_2


子供にどんな絵本を与えたらよいか。

色んな人の色んな考えがありますね。

1つ、私がお薦めしているのは、「パパ・ママが好きな絵本を読んであげてください。」ということです。

 
子供に絵本を読む時、どうしても、子供の反応を気にしてしまいます。

・全く興味を示さない

・見向きもしない

・話も聞かない

・どっか行っちゃった(笑)

って感じだとつらいですし。(笑)

 
もちろん、「その子に合った絵本、楽しい絵本、目を引く絵本、面白い絵本、良い絵本」を選び、与えることは大事だと思うのですが、「パパ・ママが好きな絵本」を与えるのも、それと同じくらい大事なことだと思うのです。

 
人には「好きなもの」が無数にありますね。

好きな食べ物、好きな飲み物、好きな音楽、好きな場所、好きな建物、好きなスポーツ、好きな洋服、好きな動物、好きな色、好きな本、好きなお菓子、好きな公園、好きな匂い・・・・・。

そのたくさんある、「好きなもの」に出会ったのはいつですか?

その「好きなもの」を好きになった理由はなんですか?

 
かつて、その、「好きなもの」に出会い、それを好きになったのは、「好きな人が好きなものだったから」だったりしませんか?

子供はパパやママが好きです。

そして、パパやママを好きであることが嬉しかったりしますね。

なので、互いに「好き」を交換するのも素敵なことだと思うのです。

「ママはこの絵本が好きなんだ~。」とか、「ホワイトチョコが好きなの。」とか、「バラのお花って綺麗で大好き。」とか、「実はパパが好き♪」とか。(笑)


 
私は人の心の奥の暖かい場所の、その一部は、「好きな人が好きだったもの」で出来ていると思っています。

 
「好きなもの」を押し付けるのではなく、ただ、「それが好きなんだ♪」ってことを楽しみながら子供に伝えることは、とても素敵なことだと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

2011年11月12日 (土)

絵本は教育に活かせるのか-まとめ。

「絵本は教育に活かせるのか」っていうことに関してのまとめです。

よろしければ、下記のリンクをどうぞ。
 
 
絵本は教育に活かせるのか、1

絵本は教育に活かせるのか、2

絵本は教育に活かせるのか、3

絵本は教育に活かせるのか、4

絵本は教育に活かせるのか、5

絵本は教育に活かせるのか、6

絵本は教育に活かせるのか、7

絵本は教育に活かせるのか、8
 
 
 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵本は教育に活かせるのか、8

素敵な言葉に出逢ったり、素敵な絵に出逢ったり、絵本から得る教育的効果は非常に大きいと思います。


私は、「絵本には体温がある。」と考えています。

と言っても、実際に、絵本に体温計を挟んだら36、5度ある、ってわけではありません。

当たり前ですが。


何を言いたいかといいますと、


絵本を読むとき、

絵本を読んでもらう時、

読んでもらった絵本を思い出す時、


そこにはいつも誰かの温もりが、共にあると思うのです。

大好きなおとうさん、大好きなおかあさん、大好きなおじいちゃん、大好きなおばあちゃん、大好きな先生。

絵本を読んでもらう時にはいつも、その大好きな人の体温があり、大好きな人の声があり、大好きな人の感触がある。

以前、「モノより想い出」っていうCMがありましたが、絵本というモノには、いつも誰かの温もりと共にあった、っていう想い出があるんじゃないでしょうか。

絵本の世界から離れて大人になって人でも、かつて小さい頃に読んでもらった絵本の表紙を見て、「あ!これ、懐かしい!ちっちゃい頃読んでもらったよ~~!!」と、それを思い出すだけで、かつて誰かの体温に包まれていた素敵な想い出も思い出せるんだと思うんです。

誰かに愛された想い出を思い出せる。


ですので、生まれたばかりのお子さんにも、ちょっと大きくなったお子さんにも、今まで絵本なんて読んであげたことないよ、って場合でも、10分でも、5分でも、1冊でも、2冊でも、お子さんに自分の温もりと共に、絵本を読んであげてほしいなあ、って思います。 

絵本が教育に役立つのか?

正直それはわかりません。

絵本も、英語も、サッカーも、お勉強も、お稽古ごとも、所詮、教育の為の道具でしかありませんから。

教育の為の道具として何を選ぶのかは、親御さんや保護者の選択の問題です。

当然、「こうしたらこうなります。」なんていう正解もないですし、保証されたものもありません。

ただ、その教育の為の「道具」としては、絵本は、とても素晴らしいものであることは間違いないと考えています♪

 
 
 
  

 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

「教育方針」について思うこと。

今日は、ちょっと「教育方針」ってものに関して思うことを。
 


私が考える教育の目的、目標は、

「子供が自分一人で、できるだけ楽しく生きていける能力を身につけること」

です。

作家の村上龍さんが主催しているJMMというメディアに書かれた文章にも、同じようなことが書いてありました。

村上さん曰く、教育の目的は何かという問いに対する、今、とりあえず出している結論は、

「子どもが大人になって一人で生きていけるようにすること」

だそうです。

こんな人間になって欲しい。

あんな人間になって欲しい。

そんな人間になって欲しい。


思いは、色々あります。

思いは色々ありますが、一般論として、教育することの前提には、

その子が年老いて、死を迎えるまで、親、保護者は、子供を保護し続けることが出来ない、っていうものがあると考えています。

自然の摂理として、大抵の場合、親のが先に死を迎える。

子供に最期を看取って欲しいと願う親はいても、子供の葬式を出したい、と願う親なんて、まあ、いないでしょう。


その子にとって、遅かれ早かれ、保護する人間はいなくなる。

保護できる人間がいなくなった時に、その子が自分自身を保護できる人間になっているのか。

教育って、そこに向けてすべきものなんじゃないか、と考えます。

その目的に向けて、どうするか、こうするか、っていう方法論は、親の価値観、楽しいこと、嬉しいこと、幸福をどう捉えるかによって、やり方は千差万別でしょう。

サッカーをやらせる。

野球をやらせる。

英語をやらせる。

自然に触れさせる。

将棋をやらせる。

勉強させる。

空手をやらせる。

友達を大事にさせる。

水泳をやらせる。

やりたいことをやらせる。

などなど。

でも、人によって、親によって方法は変わっても、ほとんどの人の教育の前提は変わらないのではないでしょうか。

国の発展の為に教育する、とか、

親のエゴを満たすために教育する、とかではなければ。


リミットがあるわけです。

守ってあげられる時間のリミット。

その子に何かを教えてあげられるリミット。

限界。

限度が。

それがいつかはわかりません。

わからないですが、絶対にそれはある。

それは必ずやってくる。


そのリミットを想像した時。

自分がいなくなった時を想像した時。


子供は一人で生きていけるようになっているのか。

一人でも幸せに過ごせる能力を身につけているのか。


そのリミットから逆算して考えれば、生まれたばかりの赤ちゃんにも、伝えるべきこと、やるべきことは、山程出てくる。

で、多分、それが子供に伝えるべき教育方針になるのではないでしょうか。

 
 
 
 


人気ブログランキングへ
今日も読んで下さってありがとうございます。クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

絵本は教育に活かせるのか、7

「絵本は子どもが読むものだ。」

そういう認識を持っている方は結構いると思います。

でも、例えば、ジブリやピクサーの映画を「子どもが見るものだ。」っていう風に認識する人は、一昔前よりもずっと減って、「十分大人の鑑賞にも堪えうる素晴らしい作品だ。」って思っている人はめちゃくちゃ多いですよね。

「映画はあまり見ないけど、日本テレビでジブリ映画をやる時は見るんだよね。」って人もいますし。

 
そうです。

大人の鑑賞に堪えうるような、そして、子どもに見せるからといって「子供だまし」なものではなく、大事な子どもの感性に響くような一流の絵はあるのか、ってことですが、

たくさんあります。

 
一流の定義というのも難しいのですが、「歴史にさらされても残っている普遍性」って定義で紹介させてもらいますと、

 
いわさきちひろさんや、
41mxg6plntl_sl500_aa300_


赤羽末吉さんの絵は、
71cxhjt6f0l_sl500_
「一流の絵」と言っても、全く差し支えないと思います。
 


ジブリ映画の話で言えば、宮崎駿さんは、「となりのトトロ」なんかを作るときに、女の子の柔らかい感じを描くために、絵本作家の林明子さんの絵本を、手本としてスタッフに見せたりしたそうですし。


(続きます。)


 
 
 
 

人気ブログランキングへ
いつも読んで下さってありがとうございます。クリックして頂けるととても嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

絵本は教育に活かせるのか、6

完全に忘れていたこのシリーズ。(笑)

1年ぶりになりますが、続けてみます。思い出しながら。(笑)


 
 
絵本と言えば、当然、「絵」。

絵本というものを定義するのは、簡単なようで結構難しいのですが、「絵」がなければ、それは絵本ではありません。

さて、そんな「絵」ですが、お宅に、観賞用の「絵」は何かありますか?

ピカソでも、ゴッホでも、ミレーでも、ロックウェルでも、当然、そのレプリカかなんかですが、そんな人達の絵が飾られていたりしますか?

家に鑑賞用の「絵」が飾ってあるってのは、結構稀なんじゃないかと思います。

特に日本の住宅事情から考えると、なにもない壁が、収納やなんかに使われずに、壁のままあるってことも少ないですし。

 
そんな事情も考えてみると、赤ちゃんが生まれてから大きくなるまで、家の中にテレビはあっても、「色彩豊かな絵」「美しい絵」「だまってずっと見ていたくなるような絵」に触れる機会というものは非常に少ないということになります。

そうなると、それらに出会う機会は、絵画集や、写真集なんかになるわけですが、絵画集や写真集が一般的かどうか、こどもが手をとるものかどうか、子どもと一緒に見るものかどうか。

もちろん、それを否定しているわけでは、ありません。

そんな画集を見ながら、話を出来たら素敵ですよね。

ただ、やはり、あまり一般的ではないと思うのです。

よっぽど絵や写真が好きな人は別として、家に、絵画集や写真集がある人は少ないでしょうし。


 
そんな中、ある意味、1番手っ取り早く、身近に「絵」に接することが出来るのが絵本です。


(続きます。)

 
  
 
 

人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。

[営業時間]  10:00~21:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

絵本は教育に活かせるのか、5

「言葉」というものを知るツールとして絵本を考えた時。

絵本には言葉があふれています。

中には言葉のない絵本もありますが、基本的には言葉があります。

絵本によって、長いもの、短いもの、一言だけ、ってものもありますが。

その絵本の言葉を紡いでいる人には詩人や作家さんもたくさんいます。

谷川俊太郎さんや長田弘さんなど、日本を代表する詩人の方々も、たくさん絵本を手がけています。

有名どころの作家で言うと、村上春樹だったり、江国香織だったり。

そんな言葉のプロの方々が紡いだ、

美しい言葉

楽しい言葉

優しい言葉

暖かい言葉

ナイフのような言葉

音楽のような言葉

夢のような言葉

に、たくさん触れることが出来ます。


よくいらして下さる彦一彦先生も、日本の古典文学、海外の文学、歴史、音楽等の膨大なあふれるほどの教養を、絵本の為に凝縮し、圧縮し、エッセンスを抽出したもので表現しているそうで。

絵本に触れることは、そんな珠玉の言葉に触れることでもあるわけです。


続きます。


人気ブログランキングへ
クリックして頂けるととても嬉しいです。

ねこじたゴリラ堂
店のミクシーコミュニティ。
ご参加お待ちしています。
マイミク申請も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)