絵本の紹介 「は行」

2014年3月30日 (日)

「パパが宇宙をみせてくれた」絵本紹介。

51jw3vgqcbl_sl500_aa300_

題名の通り、パパが小さな男の子を連れて、宇宙を見にいくお話。

寒いので厚着をして、「非常食」にガムを買って、街からちょっと離れた灯りのあまりない草原まで行くんですね。
 
そこで、満天に輝く星を見て、パパが色んな話をするわけです。

色んな話をする、って言っても、雄弁にアレコレを語るわけではありません。

ある意味、ポツポツと、訥々と。
 


「空の上では、すべてが、きよらかで、おだやかで、きちんとしているんだ。どうだい、気もちがおちついてくるだろ?」

「うん」

「小さくみえるものでも、大きな意味をもっている」
 

 
こういうことを言うと、女性の皆様には叱られてしまうかもしれませんが、こういうね、いろんな事を夢想して、現実からおもいっきり飛躍したロマンを伝えられるのは、男の仕事である気もします。

女性が言うね、「わ~、星がいっぱいだね~。綺麗だね~。」っていうものも素晴らしい。

でも、男が言う、遠大で理想的で妄想爆裂な話も素晴らしい。
 
「男のロマン」と、「男のアホさ加減」を見事にまとめて、綺麗にオチをつけてくれるナイスな作品です♪

 
 
 

 
 
 
クリックして頂けるととても嬉しいです。→→


店のフェイスブックページ→「ねこじたゴリラ堂」Facebookページ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

2014年2月 7日 (金)

「ふってきました」絵本紹介。

410zuwy9ful_ss500_

小さな女の子の「つるこちゃん」が、花が咲き乱れる草原にいます。

そこで、花をつんでいるんですね。お母さんにプレゼントするために。

ですが、その草原の上に浮かぶ空は、今にも一雨来そうな、「ふってきそうな」空。

そんな「ふってきそうな」空から、ふってきます。

ワニが。笑
 
 
そんな、「くもり時々ワニ」なお天気ですが、ふってくるのはそれだけに留まらず・・・。

「うそ~ん!」っていうお話ではあるんですが、何よりね、お花畑というか、花咲き乱れる草原というか、その場所がとても素敵で、そこで花を摘むつるこちゃんも素敵。

そして、その摘んだ花はどうなるのか。

面白くて、美しいお話ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
クリックして頂けるととても嬉しいです。→→


店のフェイスブックページ→「ねこじたゴリラ堂」Facebookページ

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

2013年7月19日 (金)

「ふたごのき」絵本紹介。

 
「きたのくにの、とあるおかのうえに ふたごのきがたている。ちょっとおおきいほうがアパ、ちいさいほうがアピだ。ふたりがどんなはなしをしてるか、きいてみようか。」

 
 
という書き出しで始まる物語。

定点で撮影されている丘の上の2本の木の写真に、谷川俊太郎さんが物語をつけたものですね。

定点で撮影されている為、丘と木の位置は変わりませんが、その丘と木を取り巻く季節は目まぐるしく変わっています。春夏秋冬、季節の移り変わり、緑の葉が生い茂っている時もあれば、雪の中で枝だけになって寒そうにしているシーンもあり。

子供の頃は当たり前に、全てのものに命があるように感じ、草も木も虫にも感情があり思考があるように思えますが、この絵本は、そんな視点で世界を見た時、「あの木はどんな話をしているんだろうね。」っていう想像力の世界を大きく広げてくれますね。

時は流れ、季節は巡り、変わるものがあり、変わらないものもあり・・・っていう、小さな人間を取り巻く世界というものも、見事に教えてくれる作品だと思いますね。

 
 
 
 
クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

 
 
 

[営業時間]  10:00~19:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

2013年2月18日 (月)

「へんなおにぎり」絵本紹介。


 
 
地平線が見え、彼方に山がそびえている緑の草原。

そこに変な雲が出てきます。

その変な雲は手のような形になり、山の方へ向かい。

雲は山をおにぎりの形にしてしまいます。

 
次に雲は街へやってきて。

たくさんのビルに向かうと、ビルをおにぎりしてしまい。

 
最後に、雲はおかあさんのとこにやってきて・・・・。

 
 
と、何度やっても、長新太さんの絵本の面白さを文章で伝えることが出来ません。(笑)

 
とにかくね、大阪人ならずとも、毎ページごとに、「なんでやねん!!」と突っ込みたくなること間違いなし。

因果関係もなく、筋道も通っておらず、論理的な展開は全くありません。

普通の大人はね、40度の高熱が出ても、こんなへんちくりんなお話の夢は見ることが出来ないでしょう。

そのへんちくりんなところに、たまらない魅力があるわけですが。

 
 

Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

|

2013年1月25日 (金)

「へんしんマジック 」絵本紹介。

 


ダジャレ、というか、言葉遊びの絵本です。

四角い箱の中に何かを入れると、あら不思議、別のものが出てきますよ~、っていうお話。

ただ、この絵本は見るだけでなく、その単語を何度も何度も口に出すのが楽しむ秘訣ですね。

 
例えばね、「ストロー」を箱に入れますね。

ストロー、ストロー、ストロー、と呪文を唱えるわけです。

「ストロー、ストロー、ストロー、ストローストローストロースト、ロースト、ロースト、ロースト、ロースト・・・・」

って感じに言葉がひっくり返り、箱の中から「ロースト」された肉が飛び出てくる、って感じの絵本。

色んな単語が、繰り返して言っているうちにひっくり返って別のものになる、ってのを楽しむ言葉遊びですね。


 
語彙の豊かさや、表現力の豊かさは、言葉でたくさん遊ぶことで、自然に培われていきますね。

 
 
 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 
 

|

2013年1月20日 (日)

「ばしん!ばん!どかん!」絵本紹介。

 
 
世界にある様々な音、日常に転がっている音が、イラストと共に描かれている絵本。

はさみの「じょきじょき」だったり、「ちょきん」だったり、

アイロンの「しゅうううう」だったり、

洗濯機の「ばしゃ どす ばしゃ どす」だったり、

掃除機の「ずうううううう」だったり。

 
今、挙げたのは、ほんとにほんとにごく一部で、日常から、乗り物、様々な天気、鼓笛隊、街、スポーツなどなど、世界の様々な「音」が満載。

ストーリーはなく、どちらかというと図鑑のような感じですが、「音の面白さ」を満喫できる一冊。

これを何度も読んで楽しんでいるうちに、様々な語彙を覚えるのと同時に、気持ちを表す表現法なんかも勝手に豊かになっていくと思われます。

 
長いお話の読み聞かせが苦手なお父さん、是非、どうぞ。(笑)

 
 
 
 
 


クリックして頂けるとランキングが上がります。
一日一回クリックして頂けるととても嬉しいです。
現在、皆様のおかげで、7位になっております!!!
→→人気ブログランキングへ
 
 
 


[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

|

2013年1月17日 (木)

「はしれ!かもつたちのぎょうれつ」絵本紹介。

 
 
左から右に続いている線路。

その線路の上を貨物列車が走るという絵本。
 


色とりどりのカラフルな貨物列車と、影絵のような機関車の力強さが目を奪います。

その機関車と貨物列車が、グングンと、ページをめくるたびにスピードを上げていく様は、小さい男の子ならば、興奮せずにはいられないでしょう。

 
最後、見えなくなった機関車がどこに行ったか、それはきっと、読んだ子の想像の世界で走り続けると思います。

 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

|

2012年12月26日 (水)

「はたらきもののじょせつしゃけいてぃー」絵本紹介。

 
 
「じぇおぽりす」という街で働く、キャタピラのついている赤い立派なトラクターの「けいてぃー」。

色んな部品がついていて、ブルドーザーをつけて土を押したり、除雪機をつけて雪をかいたりと色々な仕事をしています。

そんな「じぇおぽりす」に冬が来たわけですが、そこで降った雪が半端ない。

降って、降って、降りまくり。

家は埋まり、他の雪かきトラックは動かず、道は通れなくなり、車は走れず、学校もお店も工場も雪でおやすみ。

警察も動けず、水道管が割れ、病院にも行けず、街が機能不全になったその時!

やつだけは動いていたのです。

そう、「けいてぃー」。

そこからのけいてぃーの、獅子奮迅の活躍がたまりません。

 
「力強さ、かっこ良さ、困った時に助けてくれる」っていうような子供が求める父性のようなものを、これでもかと見せてくれる作品ですね。

この冬、寒くなって雪が降るような日にでも、読んでみたら楽しいかもしれません。

 
 
 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 
 
 

|

2012年12月 1日 (土)

「はっけんずかん」紹介。

図鑑です。

ズカーン!!

っていうくだらないことはさておき。

写真による説明とイラストによる説明の二段構成になっているんですが、特にイラストのところの説明、描写が楽しいですね。

しかけ絵本のように、小さい扉がたくさんあって、そこをめくるとさらに別の説明がされているわけです。

例えば、「どうぶつ」図鑑の、かものはしのところの説明だと、ぱっと見は「これから、すにかえります」っていう文と泳いでいるイラストが描かれていますが、そこの扉を開くと、川の内部やかものはしの巣の様子なんかが描かれているわけで。

そういう隠し扉が各見開きごとに、6~7枚あります。

結構丈夫に出来ているので、よっぽど乱暴に扱わない限りはすぐにダメになることはないですね。

シリーズで色々と出ていますが、どれも面白いですよ。

 



 
「めくれる」ってのが良いですね。

 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp

 
 
 

|

2012年11月24日 (土)

「はたらくうまのハンバートとロンドン市長さんのはなし」絵本紹介。

 
 
荷車を引く馬のハンバート。

その馬のハンバートは、飼い主のファーキンさんと一緒にロンドンの街を歩いていらなくなったカナモノを探します。

「くずてつ、ふるてつ、なまり、どうはございませんか?」と言いながら。

そんなある日、ファーキンさんがビール工場のそばの食堂でご飯を食べている時。ビール工場には馬がたくさんいるので、その世話係をしている友人にハンバートをあずけるわけですね。

そして、そこにいる馬たちに話を聞くと、1年に1回は休みをとれるし、ロンドン市長が乗る金の馬車をひくこともある、っていうお話。

で、ハンバートは「世のなかって、ほんとうにふこうへいだ」って思うわけですが、そのあとに事件が・・・・・

 
っていう感じのお話なんですが、とにかくねえ、絵が素晴らしいです。

力強いタッチで描かれた重厚で、深い色彩の美しさを持った絵。

ロンドンの街の薄暗い感じを、見事に美しく描写していますねえ。

本当に絵を眺めているだけでも楽しい絵本です。

 
 
 


Br_decobanner_20111203101106


クリックして頂けるととても嬉しいです。→→人気ブログランキングへ

[営業時間]  10:00~20:00

[定休日]    無休。(不定休です。)

[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 

[tel&fax]     042-452-6200

[E-mail]     nekozitagorira@dream.jp


 
 
 

|

より以前の記事一覧